『歌詞 和訳』: Kygo – Beautiful (ft. Sandro Cavazza)

Kygo (カイゴ) の3枚目のアルバム「Golden Hour」に収録された“ Beautiful ”の歌詞を和訳。

ボーカルと作詞作曲にも加わったサンドロいわく、

この曲は、2年前に、kygoとサンドロが初めてセッションをした時に、初めて作った曲らしい。

因みに、そのセッション中、サンドロは、かなり時差ぼけしてたようで、

それ中で、この曲が生まれたのは、ある意味、奇跡だとも語ってる。笑

Kygo – Beautiful (ft. Sandro Cavazza)

ila 和訳

[ Verse 1 ]

Was it something that I said?

それは僕が言ってたことだった?

I tried my best

僕はベストを尽くした

Yeah, all for you

全て君のために

I can see it in your eyes

君の目を見ればわかる

The way you lie

君が嘘をついてるか

I’m such a fool

僕はなんて愚かなんだ

[ Pre-Chorus ]

One too many times

何度も繰り返した

I’m the one to take the burden

その責任は全て僕にある

Oh, you know I’ve tried, but

僕はベストを尽くしたけど

Got nothing

何も得なかった

Got nothing

何も得なかった

[ Chorus ]

So if I let down my guard

もし僕が警戒心を緩めたら

If I rip out my scars

自分の傷跡をさらけ出したら

And I show you my heart

君に素の自分をあらわにするよ

Am I beautiful?

その自分は美しい?

If I tell you my secrets,

もし自分の秘密を伝えたら

Show my dark and my demons

僕の暗い部分や怖れを見せたら

Tell me

教えて

What do you see?

君にはどう見える?

Am I beautiful?

素の自分は美しい?

[ Post-Chorus ]

Am I beautiful?

その自分は美しい?

Am I beautiful?

素の自分は美しい?

If I tell you my secrets,

もし自分の秘密を伝えたら

Show my dark and my demons

僕の暗い部分や怖れを見せたら

Tell me

教えて

What do you see?

君にはどう見える?

Am I beautiful?

素の自分は美しい?

[ Verse 2 ]

They say the best way that you heal

みんな傷を癒す最も良い方法は

Is to move on to someone new

新しい相手を見つけることだと言う

Then why does every single road
That I take lead back to you?

でもそれならどうして

僕の進むどの道も
君へと繋がるの?

[ Pre-Chorus ]

One too many times

何度も繰り返した

I’m the one to take the burden

その責任は全て僕にある

Oh, you know I’ve tried, but

僕はベストを尽くしたけど

Got nothing

何も得なかった

I got nothing

何も得なかった

[ Chorus ]

So if I let down my guard

もし僕が警戒心を緩めたら

If I rip out my scars

自分の傷跡をさらけ出したら

And I show you my heart

君に素の自分をあらわにするよ

Am I beautiful?

その自分は美しい?

If I tell you my secrets,

もし自分の秘密を伝えたら

Show my dark and my demons

僕の暗い部分や怖れを見せたら

Tell me

教えて

What do you see?

君にはどう見える?

Am I beautiful?

素の自分は美しい?

[ Post-Chorus ]

Am I beautiful?

その自分は美しい?

Am I beautiful?

その自分は美しい?

Am I beautiful?

その自分は美しい?

[ Outro ]

So if I let down my guard

もし僕が警戒心を緩めたら

If I rip out my scars

自分の傷跡をさらけ出したら

And I show you my heart

君に素の自分をあらわにするよ

Am I beautiful?

その自分は美しい?

If I tell you my secrets,

もし自分の秘密を伝えたら

Show my dark and my demons

僕の暗い部分や怖れを見せたら

Tell me

教えて

What do you see?

君にはどう見える?

Am I beautiful?

素の自分は美しい?

歌詞からは、

主人公が、自分の好きな人や大切な人に対して、本当の自分をさらけ出そうとする様子が、読み取れる。

素の自分を出すことを怖れて、その関係が上手くいかなかったのなら、新しい相手を見つけても、それが原因で上手くいかなくなる。

だから、歌詞の主人公は、今ここで、素の自分を今のパートナーに示すことが大切であることは感じてるようだ。

Kygo は、歌詞にあまりこだわる人じゃない。

メロディーに合わせた言葉を選ぶことには、フォーカスするけど、こういう意外と深い歌詞になるのは、Sandro Cavazza (サンドロ) の才能だと思う。

また、YouTubeで、この曲のコメントを見ていると、

Aviciiというフレーズを何度も目にする。

この曲を聴くと、Aviciiを連想してしまうファンも多いようだ。

個人的に、最初にアルバムをSpotifyで聞いたときには、あんまり思わなかったが、…

みんなどの辺に、Aviciiらしさを感じたのだろうか。

メロディー? それとも、サンドロの声?

でも、個人的には、この曲のメロディーの癖は、「ザ・Kygo!」って感じがするかな。

*メインのメロディー部分に、カイゴのピアノの弾き方の癖を感じるし、このメロディーを聞くと、彼が、この曲をピアノで弾いてる時の指の動きも一緒に思い浮かんでくる。*

もしかしたら、

Kygoが、今回のアルバムで、

Aviciiが過去にコラボしたシンガーをフューチャリングしまくってるから、そのアルバムの全体に、Aviciiの面影を感じてる部分もあるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です