2020年は、Nicky Romero (ニッキーロメロ) の時代が、再来!




オランダ出身の音楽プロデューサー、DJ である Nicky Romero (ニッキーロメロ)。

2011年〜2016年のEDM全盛期を見てきた人は、みんな彼のことを知ってるのではないだろうか。

Avicii (アヴィーチ) とコラボした“ I Could Be The One ”, 自身の代名詞とも言える“ Toulouse ”など、EDMシーンを代表する曲も、生み出してきた。

人それぞれ、色んなベストタイミングで、彼のことを知ったと思う。

2011年から知ってる人もいるだろうし、2017年に知った人もいるかもしれない。

因みに、僕が、Nicky Romero (ニッキーロメロ) を知ったのは、2014年の夏。

そこから、彼を含め、僕なりにずっとEDMシーンの変遷やアーティスト個人の変化も見てきた。

最初に彼の音楽と出会った頃から、彼の活動をフォローしていたが、特に彼のファンになったきっかけがあった。

One Direction – 18 (Nicky Romero Remix)

僕が、この動画を初めて見たのは、2014年の年度末か、2015年の1月。

それまでは、ニッキーの音楽を聞いたことはあったが、彼の人柄は見えなかった。

だが、この動画を見て、僕は、彼の人柄に対してもファンになった。

One Direction – 18 (Nicky Romero Remix)」も、本当に素晴らしい Remix (リミックス) なのだが、

それよりも、One Direction のメンバー1人1人に対して、謙虚に丁寧に挨拶する姿に、

僕は驚いた。

年も、ニッキーの方が上だし、キャリアも同等だ。

それでも、低い姿勢で、相手を尊重する彼の人柄を垣間見た。

だが、ここ数年、特に、2017,2018年くらいかな。

彼が精神的に、もがいてる姿も伝わってきた。とても苦しい時期にいたように思う。

ニッキーは、真面目で良い人過ぎるので、余計なものを背負いやすいところもあるのかもしれない。

まあ単純に彼が悪い時期にいただけかもしれないけれど、

2019年からは、徐々に、彼の状態は良くなっていってる印象を受けていた。

特に最近は、彼からパワーを感じる。

彼本来のパワフルさが戻ってるように感じる。実際に彼に会ったことはないが、画面越しに伝わってくる。

数年状態の悪い時期にいたにもかかわらず、彼は腐らず奮闘し続けたこともあり、たくさんの新曲を控えている。

そして、今回は、そのうちの『3曲 (未リリース曲)』を紹介したいなと思う

1. Nicky Romero & Deniz Koyu – ID (Destiny) @Avicii Tribute Concert

僕は、Avicii Tribute Concertに実際に行ったのだが、その時にニッキーが、初披露だと語っていた New ID。

ニッキーファンが、最も待ち望んでる新曲かもしれない。

12月5日に初めて聞いた時から、凄い良い曲だなぁと感じていた。

ポジティブなエナジーが詰まっていて、ニッキーらしいカッコ良い1曲だ。

2. Nicky Romero – ID (Afterglow)

僕個人的には、ニッキーロメロの音楽のカッコ良さが、凄く好き。

EDMの魅力って、プログレッシブハウスだと思っていて、クリアでポジティブなエナジーが長所だと、僕は勝手に思ってるのだが、まさに、それを体現したような1曲。

Alesso が忘れ去ってしまった魅力だ。

3. Nicky Romero – ID (You & I)

この ID (YOU & I) は、結構前から、ライブかラジオで披露されてる未リリース曲だ。

個人的に、彼に1番リリースして欲しい曲の一つかもしれない。

じわる良さがあるというか、なんかまた聞いてしまう1曲!

でも、Deniz Koyu との ID (Destiny) が、先にリリースされそうだけど。

長いトンネルを抜けた2020年のパワフルな Nicky Romero (ニッキーロメロ) から、今年は特に、目が離せない!

ニッキー時代の再来だ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です