ila が選ぶ、2019年にリリースされた「洋楽ベスト11」。

ハッピー・バレンタインデー!

ということで、

2019年にリリースされた曲の中から、個人的に、最も印象的だったシングルを『11曲』紹介したいなと思う。

年明けから昨日までずっと忙しく、年末には、全て選曲し終えていたのに、ずっと記事に出来ずにいた。

正直、記事を出す時期を失い、「今更出しても遅いんじゃないか。」と思ったのだが、2020年の2月になった今でも、僕はこの11曲をよく聞いているので、やっぱり、記事にして共有することに決めた。

音楽は、人それぞれ、その曲に出会い、聞く、ベストなタイミングというのがある。

これから紹介する『11曲』は、僕が2019年に聞いた約2300曲の新曲の中から、厳選したものだ。

これらの曲は全て、自分の心から、本心で、素晴らしいと言える。

この記事が、これらの音楽とそれを必要としてる人の架け橋になれば、幸いだ。

*記事の下の方で、Spotifyのプレイリストのリンクも貼ってるので、是非、利用してみて欲しい。*

11. A R I Z O N A – Problems

2017年からずっと、僕は「A R I Z O N A (アリゾナ)」のファンだ。

彼らの音楽は、聞くと、落ち着く曲が多い。

とにかく彼らの音楽は素晴らしいので、是非、聞いてみるのをおすすめする。

いつの間にか、虜になってるだろう。

関連記事 : 古代ローマ時代!?『歌詞 和訳』Avicii – Hold The Line (ft. ARIZONA)

10. Madeon – Heavy With Hoping

Porter Robinson (ポーターロビンソン) が好きな人は、Madeon (マデオン) のことも知ってる人が多いだろう。

現代日本人の音楽感性は、彼の音楽と相性が良いと思う。

メロディーも綺麗で、サウンドも心地良く、耳が疲れない。

少年から大人まで、幅広い年代で聴けるタイプだ。

マデオンのアルバム「Good Faith」は、ナイスなアルバムなのだが、中でも、個人的に、1番おすすめなのが、

この曲“ Heavy With Hoping ”だ。

曲のトーンというか、メロディーの流れ (強弱) とボーカルの歌声 (歌い方) に感銘する。

この音楽の心地良い独特な世界に柔らかく包み込まれる。

9. Alok, Felix Jaehn & The Vamps – All The Lies

なんかわからないけど、個人的に、The Vamps のボーカルの歌声が好き。

正直いうと、彼の歌声は、何気ない普通な声なんだけど、なぜか聞くと落ち着く。

Alok も、Felix Jaehn も、ただの DJ ではなくて、作曲センスのあるミュージシャンだ。

彼らは、これからも、どんどん魅力的な音楽を作り出していくだろう。

8. Lost Frequencies – Sweet Dreams

ロスト・フリクエンシーズのアルバム「Alive And Feeling Fine」は、とても素晴らしかった。

斬新な音楽が多く、刺激を与えてくれた。

心地良いメロディーの曲が、魅力的だ。

何度もリピートしたくなる。

7. Loote – tomorrow tonight

アメリカの男女デュオ Loote (ルート) の“ tomorrow tonight ”。

僕の毎月のおすすめ洋楽のプレイリスト (Spotify) をよくフォローして聞いている人は、何度も、彼らの曲を聞いていると思う。

ブログでの和訳記事はおそらく書いたことないが、僕が最もリピートしてるアーティストの1組だ。

昔は、リズムカルな曲が多かったが、EPLost」からは、落ち着きを見せ、潜在していた才能の片鱗を現した。

ガヤガヤしてなくて、落ち着いた音楽が好きな人は、是非、このEPLost」の曲を全部聞いてみて欲しい。

全曲おすすめ!

6. Gryffin & Seven Lions – Need Your Love (ft. Noah Kahan)

この曲を初めて聞いた時は、正直、感動した。

素晴らしく、最高の1曲。神曲!

Gryffin (グリフィン) は、本当に良いバイブスの曲ばかり作ってくれる。

心がピュアで綺麗な人なんだと思う。

この世界の本質は全て波動なので、料理でも、音楽でも、作り手のエネルギーや波動は、その人のご飯や作品に伝染する。

(これはスピリチュアルでもなんでもなく、物理学の話である。このことに気づいてない人は、まだ大多数だと思うけれど。)

個人的に、この曲の歌詞が大好きだ。

関連記事 : 『歌詞 和訳』: Gryffin & Sevens Lions – Need Your Love (ft. Noah Kahan)

5. ILLENIUM, GOLDN – That’s Why

illenium (イレニウム) の音楽は、なんと言っても、メロディーが、本当に素晴らしい。

暗めのトーンの音楽は多いが、美しさも秘めている。

この曲の魅力を言葉で伝えるのは難しい。

確かに、ネガティブな曲だし、聞いて気分が明るくなる曲ではない。

でも、僕は、この曲を凄く魅力的に感じる。

メロディー、ボーカルの歌声、サウンド、歌詞、どこか自分も、この曲が持つ要素を備えているのかもしれない。

関連記事 : 『歌詞 和訳』: ILLENIUM – That’s Why (ft. GOLDN)

4. Lil Dicky – Earth

音楽も、ミュージックビデオも、個人的に大好きだ。

とにかく、バイブスが良い。

この曲には負のエネルギーがない。

ポジティブなエネルギーに包まれている。

サウンド、歌声、メロディー、歌詞の韻、全てがグッドバイブスだ。

自分の気が落ちた時や朝一に、この曲を聞くと、自分の気持ちが生まれ変わる。

関連記事 : 『歌詞 和訳あり』: “ Lil Dicky – Earth ”のMVは、必見!平成の最高傑作だ!

3. Avicii – Bad Reputation (ft. Joe Janiak)

こんなに、洗練された音楽は他にあるのだろうか。

細かな工夫が曲のあちこちに完璧なタイミングでなされている。

さすが、1000年に一度の逸材 Avicii (アヴィーチー) だ。

音楽の中に、一切の無駄がない。

関連記事 : 『歌詞 和訳』Avicii – Bad Reputation (ft. Joe Janiak)

2. Gryffin – If I Left The World (ft. MARINA & Model Child)

この曲“ If I Left The World ”は、とにかく、

ピュアで、綺麗で、美しいの一言。

魂を浄化する1曲。

関連記事 : 『歌詞 和訳』: Gryffin – If I Left The World (feat. MARINA & Model Child)

1. ILLENIUM – Crashing (ft. Bahari)

僕が、2019年にリリースされた曲の中で、一切迷わずに、1位に決めたシングルは、

illenium (イレニウム) の“ Crashing ”という曲。

そして、公式ストーリービデオではなくて、上の歌詞付きミュージックビデオが、完璧だ。

これほど僕が夢中になったシングルは、初めてかもしれない。

マスターピースだ。

関連記事 : 『歌詞 和訳』: illenium – Crashing (ft. Bahari)

Spotify で、視聴可能!

Spotifyのプレイリストでは、また順番を並べ替えている。

1曲目から順番に楽しめるように、自分なりにアレンジしてみたので、是非、1曲目から順番に聞いてみて欲しい。

最後に

あんまり有名な曲を結果的に選んでないので、知らない曲ばかりかもしれない。

でも、全曲耳に優しいサウンドだし、心地良い雰囲気の音楽だ。

先入観を持たず、まっさらな感覚で、これらの曲を聞いてみて欲しい。

1回聞いただけじゃ、きっと曲の良さを理解できないと思うけど、きちんと曲を掴めるようになれば、惚れるはずだ。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です