Avicii Tribute Concert の豪華 DJ による前座の様子も紹介。




2019年12月5日に、スウェーデンのストックホルムにて行われた『Avicii Tribute Concert (アヴィーチ・追悼コンサート)』。

Avicii の音楽と、Tim Bergling の人生を称えるため、約5万8000人のAviciiファンが、世界各国から、集結した。

メインのコンサートライブの様子は、下記の記事にて紹介したが、今日は、コンサートの華を添えた豪華DJたちのパフォーマンスも少し紹介したいなと思う。

関連記事 : Avicii Tribute Concert 2019 (アフターレポート by ila)

前座には、Avicii の駆け出しの頃を支えた Laidback Luke (レイドバックルーク)、“ Avicii – I Could Be The One ”を共にプロデュースした Nicky Romero (ニッキーロメロ)、2015年の世界DJランキング1位の Dimitri Vegas & Like Mike (ディミトリベガス&ライクマイク)、Avicii は、自分の最もインスピレーションを受けたアーティストだったと語る人気 DJ Kygo (カイゴ)、Avicii とも、3曲ほどコラボしたこともある有名DJ David Guetta (デヴィッドゲッタ)。

世界的なビッグフェスでも、トリを務めるような豪華 DJ たちが、前座を務めるというビッグイベントに、約5万5000枚用意されたチケットは、販売開始30分で全て売り切れてしまった。

Nicky Romero (ニッキーロメロ) は、プログレッシブなカッコイイ“ New ID ”を。

Kygo (カイゴ) と David Guetta (デイビッド・ゲッタ) からは、Avicii (アヴィーチー) が、生前リリースしなかった曲も、それぞれ披露されたので、それらの曲にも、注目だ。

メインの部は、Avicii の公式YouTubeチャンネルで生放送され、アーカイブにも残っているが、豪華前座のプレイは、放送されなかったので、興味のある人は、是非どうぞ。

前座 : Avicii Tribute Concert を添える豪華 DJs

1. Laidback Luke  (レイドバックルーク)

1-1. SHM – Don’t You Worry Child (by Laidback Luke)

それぞれの DJ のライブセットは、各30分。

Laidback Luke が、Swedish House Mafia (スウェーディッシュハウスマフィア) の“ Don’t You Worry Child ”を流した時には、観客も、大盛り上がり。

2. Nicky Romero (ニッキーロメロ)

2-1. Nicky Romero – Intro

僕が以前、Nicky Romero のライブへ行ったのは、2015年くらいだったが、あの頃と比べて、イントロが、めちゃくちゃ進化してた。

スクリーン映像も、非常に綺麗でカッコ良かった。

2-2. Nicky Romero – I Could be The One

Nicky Romero は、コラボ曲である“ I Could Be The One ”を披露し、Avicii への敬意を払った。

2-3. Nicky Romero – NEW ID

ニッキーのライブセットの最後には、彼がまだ、どのライブでも披露したことのない自慢の“ NEW ID ”を初披露。

プログレッシブハウスで、めちゃくちゃカッコイイ曲なので、是非チェックして見て欲しい。

彼が、この曲をこの『Avicii Tribute Concert』で披露したのも、Avicii へのリスペストの現れだろう。

3. Dimitri Vegas & Like Mike (ディミトリベガス&ライクマイク)

3-1. Dimitri Vegas & Like Mike – Intro

個人的に、Dimitri Vegas & Like Mike のライブセットは、初体験だったので、非常に楽しみにしていた。

意外と、クールなイントロだった。

3-2. Dimitri Vegas & Like Mike vs Ummet Ozcan – The Hum

彼らのライブセットは、非常に盛り上がるし、楽しい。

会場にいる人たち、みんなを動かすエナジーもある。

観客が、面白過ぎて….

4. Kygo (カイゴ)

4-1. Kygo – Intro

最近の DJ のイントロは、みんなカッコよ過ぎ!

実は、DJ のライブセットに、イントロを付けたのは、Avicii が初めてのアーティストなんだよね。

Avicii は、自分が初めて開拓した場所に、旗を立てない人だから、目立たないけれど。

4-2. Avicii – Broken Arrows (by Kygo)

Kygo (カイゴ) も十分、レジェンドだと思うが、彼が本気でレジェンドだと尊敬する Avicii

メインのコンサートの披露曲などを配慮して、“ Broken Arrows ”をチョイスしたのだろう。

4-3. Avicii – Forever Yours ft. Sandro Cavazza (Kygo Edit)

Avicii (アヴィーチー) が、Ultra Miami 2016 で、初披露した未リリース曲“ Forever Yours ”。

結局、Timが亡くなるまで、完成しなかったシングルだが、ボーカルを務めていた Sandro Cavazza (サンドロカヴァッサ) と Kygo (カイゴ) が、残りを仕上げ、完成したみたい。

著作権上、現在非公開にしているが、リリース後に、公開する予定だ。

この曲は、今後シングルとしてリリースされるかもしれないし、Avici EP⑵の収録曲の1つとして、リリースされる可能性もある。

まだ、Timの両親率いるチーム Avicii は、12月5日のビッグイベントを終えたばかりなので、すぐには動き出さないと思うが、2020年の春には、何か動きがあるかもしれない。

5. David Guetta (デイヴィット・ゲッタ)

5-1. David Guetta – Intro

Avicii – SOS ”を含めたイントロを披露。

5-2. David Guetta Cerebrates Avicii

① Avicii – Heaven (David Guetta & MORTEN Tribute Remix)
② David Guetta & Avicii – Lovers On The Sun (ft. Sam Martin)

David Guetta のライブセットでは、Avicii とのコラボ曲を中心に、披露された。

5-3. David Guetta & Afrojack & Avicii – Before I Say Goodbye

まだ一度も公の場で披露されたことがなく、そして、今後披露されることもない“ ID ”。

David Guetta, Afrojack, Avicii によるコラボ曲らしい。

確かに、一度3人がスタジオ入りしてる写真をSNSで見たことがある。

その時に曲のベースが、作られたのかな。

6. ティムの父による“ スピーチ ”

Thank you, dear audience, for your fantastic support at Friend’s Arena tonight and that you create such a positive energy, love and warmth that will be unforgettable even for people who see the concert on TV and on social media from around the world. We have many millions of viewers outside of this arena.

今夜、ポジティブなエナジーや愛、温もりを創造し、この会場 (Friend’s Areana) で、素敵なサポートをしてくれて、皆さん、ありがとう。テレビやソーシャルメディアを通して、このコンサートを見てる世界中の人々にとっても、忘れられない夜になるでしょう。この会場の外にも、たくさん見てくれてる人がいます。

Thank you to all the DJs that initiated this concert and the singers that you will soon hear. They have all refrained from receiving any reward, in the memory of Tim and for the Tim Bergling foundation. A big thanks to Stefan Olsson that has created the events for the concert, Carl Falk that has been involved in the production and to the fantastic orchestra that you will hear tonight. And we can not forget all of the producers that have created the songs that you will hear together with Tim. Several of them are here tonight.

オープニングを務めてくれた DJs、そして、これから登場するシンガーのみなさんに感謝しています。彼らは、Timを追悼し、“ Tim Bergling foundation ”のためにも、報酬なしに、パフォーマンスを引き受けてくれました。そして、このイベントをプロデュースしてくれた“ Stefan Olsson ”、プロダクションに関わった Carl Falk素敵なオーケストラの皆さんには、特に感謝申し上げます。Timと共に、今夜聴く歌を作ってくれた全てのプロデューサーのことを忘れはしません。彼らの何人かは、今夜ここにいます。

And lastly a thanks to the team that is responsible for this enormous production. They have been the backbone in the production of Tim’s tours and arena gigs. They have all worked hard withe the goal of making this evening a musical celebration of Tim and his music.

最後に、この非常に大きなプロダクションに貢献してくれたチームにも、感謝しています。Timのツアーやこのコンサートを支えてくれたのは、彼らでした。そして、Timと彼の音楽を祝うこのイベントを成功させるために、懸命に働いてくれました。

Wonderful! Together, you have all made this celebration possible and realized Tim’s dream of having his music played live with an orchestra. Tim Bergling foundation stands as the organizer for this event that supports preventative actions against mental health disorders and suicides among youth and young adults. I think we understand each other very well in here, actually. We started among others, a three year partnership with Mind, an organization with the goal that people (in the time of need) will be able to call their free and anonymous helpline 24/7. We know through research that a compassionate conversation can help during hard times. We also hope that our work will make it easier and more natural to ask for help in time and to be able to talk to friends and family when problems occur instead of having to carry them all by yourself.

本当にありがとう!共に、あなた方のおかげで、この祝いの会が現実化し、オーケストラと共にライブ演奏するというTimの夢が実現しました。“ Tim Bergling foundation ”は、青少年の自殺や心の病による行動の予防をサポートするこのイベントの主催者です。ここにいる皆さんはそれぞれ、良く理解してることかと思います。私たちは、数ある中でも、“ Mind ”と3年間のパートナーシップ、助けが必要な人々が匿名のヘルプラインに年中無料で電話できる組織をスタートさせました。私たちは、困難な時に、思いやりのある会話が手助けになることを知っています。また私たちの活動によって、より楽に、より自然と、ゆくゆく尋ねられるようになり、何か問題が起きたときは、自分自身だけで抱え込まずに、友達や家族へ相談できるようになることを願っています。

The fifth of December will be the official day that we take notice of the foundations work and Tim’s . We miss Tim, but he is with us tonight through his music. A huge thanks to everyone that came here tonight, we believe it is a record also regarding the amount of attendees here tonight.

12月5日は、“ Tim Bergling foundation ”の活動や Timの追悼に注目する公式な日となるでしょう。私たちは Timを恋しく思います。けれど、今夜彼は、彼の音楽と共にここにいます。今夜ここにお集まり頂いた皆さん、本当にありがとう。今夜ここに出席した人数にも示されていると、確信しています。

(Translated by Viktor Berger)

最後に

豪華 DJ による前座は、それぞれ各30分ずつだったので、だらっとせずに、テンポ良く楽しめた。

みんな Avicii の曲やコラボ曲を披露したり、普段のライブセットの選曲とは少し異なり、Avicii に敬意を示した曲選びがなされていた。

また、実際にコーンサートへ行ってみて思ったのだが、この夜のために、運営側の本気度というか、かなりしっかりとした準備が伝わってきた。

ライブの流れや時間配分、スクリーン映像のクオリティー、メインのパフォーマンスなど。

シンプルかつ、スムーズで、そこにも、スウェーデンらしさを感じた。

素敵な一夜に、ただ感謝しかない。

Thank You Team Avicii !!

Avicii tribute Concert のメインの部は、下記記事にて、書いているので、まだチェックしてない人は、是非。

関連記事 : Avicii Tribute Concert 2019 (アフターレポート by ila)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です