『歌詞 和訳』: Avicii – Lonely Together (ft. Rita Ora)




Avicii (アヴィーチー) が、2017年の夏にリリースしたEP「Avici 」の収録曲で、Rita Ora (リタオラ) が、ボーカルを務めた“ Lonely Together ”の歌詞を和訳。

この曲の出だしが、すっごく好き。

そして、この歌詞付き動画の最初の映像とピッタリだ。

ドロップ、歌詞、ボーカル、全てが完璧な超一級品。

Avicii – Lonely Together (ft. Rita Ora)

ila 和訳

[ Verse 1 ]

It’s you and your world
And I’m caught in the middle

あなたとあなたの世界に
私は巻き込まれている

I cut the edge of a knife
And it hurts just a little

ナイフの刃で切って
少しだけ痛みを感じる

And I know, and I know, and I know
And I know that I can’t be your friend

分かってる, 分かってる, 分かってる
今更あなたとは友達になれないって

It’s my head or my heart
And I’m caught in the middle

頭の声か, 心の声を聞くべきか
私はその板挟みになっている

[ Pre-Chorus ]

My hands are tied
But not tight enough

自由には動けないけれど
少しは身動きを取れる

You’re the high that I can’t give up

あなたは手の届かない存在
だけど, 諦めきれないの

Oh lord, here we go

ああ, またやってしまう

[ Chorus ]

I might hate myself tomorrow
But I’m on my way tonight

明日自己嫌悪に陥るかもしれない
でも今夜, あなたの元へ向かってる

At the bottom of a bottle

瓶を一本飲み干して

You’re the poison in the wine

あなたはワインの中に
潜んでるアルコール

And I know

分かってるわ

I can’t change you
And I, I won’t change

私はあなたを変えられない
それに変えるつもりもないわ

I might hate myself tomorrow
But I’m on my way tonight

明日自己嫌悪に陥るかもしれない
でも今夜, あなたの元へ向かってる

[ Post-Chorus/Drop ]

Let’s be lonely together

一緒に孤独になりましょう

A little less lonely together

2人で寂しさを少しだけ和らげて

[ Verse 2 ]

Eyes wide shut and
it feels like the first time (Oh)

目をきつく閉じて, そしたら
まるで初めてのように感じるわ

Before the rush to my blood was
Too much and we flatlined (Oh)

お酒が効き過ぎる前に
私たちは醒めてしまった

And I know, and I know, and I know
And I know just how this ends

分かってる, 分かってる, 分かってる
私には私たちの結末が見えている

Now I’m all messed up and
it feels like the first time (Oh)

でも今, 頭の中がすごく滅茶苦茶で
初めてのような気がしてしまうの

[ Chorus ]

I might hate myself tomorrow
But I’m on my way tonight

明日自己嫌悪に陥るかもしれない
でも今夜, あなたの元へ向かってる

At the bottom of a bottle

瓶を一本飲み干して

You’re the poison in the wine

あなたはワインの中に
潜んでるアルコール

And I know

分かってるわ

I can’t change you
And I, I won’t change

私はあなたを変えられない
それに変えるつもりもないわ

I might hate myself tomorrow
But I’m on my way tonight

明日自己嫌悪に陥るかもしれない
でも今夜, あなたの元へ向かってる

[ Post-Chorus/Drop ]

Let’s be lonely together

一緒に孤独になりましょう

A little less lonely together

2人で寂しさを少しだけ和らげて

Let’s be lonely together

一緒に孤独になりましょう

A little less lonely together

2人で寂しさを少しだけ和らげて

[ Pre-Chorus ]

My hands are tied
But not tight enough

自由には動けないけれど
少しは身動きを取れる

You’re the high that I can’t give up

あなたは手の届かない存在
だけど, 諦めきれないの

Oh lord, here we go

ああ, またやってしまう

[ Chorus ]

I might hate myself tomorrow
But I’m on my way tonight

明日自己嫌悪に陥るかもしれない
でも今夜, あなたの元へ向かってる

At the bottom of a bottle

瓶を一本飲み干して

You’re the poison in the wine

あなたはワインの中に
潜んでるアルコール

And I know

分かってるわ

I can’t change you
And I, I won’t change

私はあなたを変えられない
それに変えるつもりもないわ

I might hate myself tomorrow
But I’m on my way tonight

明日自己嫌悪に陥るかもしれない
でも今夜, あなたの元へ向かってる

[ Post-Chorus/Drop ]

Let’s be lonely together

一緒に孤独になりましょう

A little less lonely together

2人で寂しさを少しだけ和らげて

Let’s be lonely together

一緒に孤独になりましょう

A little less lonely together

2人で寂しさを少しだけ和らげて

A little less lonely now

今少しだけ孤独を和らげて

A little less lonely now

今少しだけ孤独を和らげて

A little less lonely now

今少しだけ孤独を和らげて

この曲の歌詞は、人間という生き物を的確に表現してると思う。

ダメだと分かっていても、欲望に負けてしまうところ、寂しさを紛らわせるために、お酒や異性で自分の心のスペースを埋めようとするところ。

アヴィーチーのこの世界をこの上なく正確に捉えてることが、歌詞から読み取れる。

世界中の人が、彼の音楽だけでなく、歌詞にも心惹かれるのは、彼の世界への捉え方に、魅了されてるからなのではないだろうか。

ミュージックビデオ (フローズンタイム)

このミュージックビデオでは、主人公の男女2人以外、世界の時間が止まる。

バーの中へ入ってきた男女は、自分たち以外、時間が止まって動いていないことに気が付く。

そのことにワクワクする彼らは、はちゃらける。

Lonely Together ”の歌詞は、「ワンナイトラブについて」なのだが、

ミュージックビデオでは、それではなく、主人公の男女以外の時間を止めて、2人だけの世界を表現してるところが、またアヴィーチーらしい。

さすが、ドキュメンタリー映画「Avicii; True Stories」の監督も務めた Levan Tsikurishvili の作品だ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です