“ Heart Upon My Sleeve ”の制作秘話 (物事が起こるには、宇宙のタイミングがある!?)




今回は、アルバム「TIM」がリリースされる前に、YouTubeで公開された、それぞれの『制作秘話 (The Story Behind)』で、話されてることを共有したい。

*翻訳あり*

制作秘話の動画で、話されてることを知ると、より、その曲についての理解が深まると思う。

この記事では、世界を代表するバンド Imagine Dragons (イマジンドラゴンズ) とのコラボ曲“ Heart Upon My Sleeve ”について。

*シングルの「歌詞と和訳」は、下の記事で、書いてます。*

関連記事 : 陰鬱な1曲!『歌詞 和訳』Avicii – Heart Upon My Sleeve (ft. Imagine Dragons)

“ Heart Upon My Sleeve ”の制作秘話

動画の語りを「翻訳

(語り手 : Dan Reynolds & Neil Jacobson)

Dan Reynolds : ティムは、連絡してきた。

もし僕とセッションすることに興味があれば、是非会いたい。」と。

僕は、Aviciiの作品を熟知していたし、彼は、本当に素晴らしいアーティストだと思っていた。

だから、もちろん承諾したよ。

それで、彼にスタジオに行ったんだ。

僕のバンドのギターリストである Wayne Sermon (ウェイン・サーモン) と一緒に。

ティムと曲のスクラッチから始めた。

Neil Jacobson : 覚えてるよ。実は、僕がセッションを企画したんだ。

それで、僕はギターリストやキーボードを弾く人を用意しなかった。

で、僕は凄く申し訳ないなぁと思って、謝りにスタジオに行ったんだ。

みんな、ごめんね。」って。

でも、僕がスタジオへ入る前に、彼らは既に、“ Heart Upon My Sleeve ”の制作を始めていた。

彼らは興奮していて、僕に曲を聞かせてくれたんだ。

僕は目を閉じて、「オーマイガー、これは凄い。」って。

みんな違ったボーカリストであっても、Aviciiのボーカルのサウンドというのがあるんだ。

それは、ティムの素晴らしい才能だよ。

僕が、今までに出会ったことのないものだったよ。

Dan Reynolds : 彼は、自分の求めてたサウンドをわかってた。

僕が覚えてるのは、メロディーの後に、メロディーを歌って、

「これはどうなかな…」みたいな。

「ナナナ・ナァ⤴︎ナ…」

「うんうん」って、彼はただそこに座ってて、

それで僕は、「…(With My Heart Upon My Sleeve…)」を鼻歌で歌うと、

彼は目を大きく見開いて、「それだ!それだ!」って。

彼は、自分の求めてるものをわかってるんだ。

明確な曲のビジョンを持っていた。

そして、この曲は、冷暗な雰囲気を持っている。

弦楽器のサウンドは、凄く陰鬱で。

〜〜〜 そのメロディーが流れる 〜〜〜

でも、真の美しさも兼ね備えてる。

この冷たさの中に、ぼんやりとした美しさの兆しがある。

この探究は、必死で用心深く、探していく感じというか。

それは本当に魅了されるよ。

ハッピーで活気あるような場所にいては捉えることが出来ない表現だと思う。

でも、そこには真の美しさがあるんだ。

確かそのセッションをした後は、Eメールを通して、曲のやり取りを続けたよ。

さっきも言ったけど、僕はこの曲にすごくワクワクしていた。ティムもね。

でも、わからない。

物事が起こるためには、「宇宙のタイミング」というのがあるんだ

今回は、そのケースの1つだったんだと思う。

Neil Jacobson : “ I wear my heart upon my sleeve ”

それ以上に、ティムを表現する言葉はないよ。

Dan Reynolds : ティムなしで、この曲の残りの10%を完成させるのは大変だった。

僕が加えた唯一のことは、ずっと必要だと思ってた。

もう1つ Verse (バース) が必要だった。他の場所へ行く必要があった。

でもそれをどうすべきなのかわからなかった。ティムが亡くなるまでずっと。

よし。これに必要なのは、ティムとの記憶に遡ることだ。

それがベストなやり方だと思う。

今はじめに戻ったのは、そうなる運命だったんだ。

最後に

イマジンドラゴンズのボーカルである Dan Reynolds (ダン・レイノルズ) は、すごく賢くて、精神的に成熟してる人間だ。

歌詞やコメントって、そのアーティストの精神性が現れる。

誰とは言わないけど、正直、歌詞の和訳をしていて、中身が薄っぺらいなぁと感じる人気アーティストも多い。

でも、ダンレイノルズは、非常に賢い。それは、ティムも含めて。

彼らは、音楽に対するコンセプトを明確にして、大切にしてる。

僕は、そこがアーティストとして、最も大切な部分の1つだと思う。

関連記事 : Imagine Dragons − Rise Up 和訳

関連記事 : 陰鬱な1曲!『歌詞 和訳』Avicii – Heart Upon My Sleeve (ft. Imagine Dragons)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です