日本のあの名曲が、サンプリング!?『歌詞 和訳』Avicii – Freak (ft. Bonn)




「上を向いて歩こう」が、サンプリング!?

Avicii (アヴィーチー) のアルバム「TIM」の収録曲“ Freak ”の歌詞を和訳。

この曲のボーカルを務めたのは、「Martin Garrix – High On Life」で有名な Bonn (ボン)。

そして、なんとこの曲“ Freak ”には、日本のあの名曲「坂本九の“ 上を向いて歩こう ”」がサンプリングされてる。

上を向いて歩こうは、世界でも大ヒットした曲で、海外版の曲名は、「Sukiyaki」。

Avicii が、日本のあの名曲をサンプリングしてくれて、日本人として、凄く嬉しい。

こんな最高の Remake (リメイク) なんてないよね

Avicii – Freak (ft. Bonn)

ila 和訳

[ Verse 1 ]

I don’t want to be seen
In this shape I’m in

自分の姿形から
判断されたくない

I don’t want you to see
How depressed I’ve been

僕がどれだけ落ち込んだのか
見て判断して欲しくない

You were never the high one

君はあれほどハイに
なったことはないし

Never wanted to die young

若くして死にたいと
思ったこともない

I don’t want you to see
All the scars within

僕はこれらの心の傷を
君に見て欲しくない

[ Chorus ]

So, tell me why

だから, 教えてくれ

(Oh why, oh why)

Why am I such a freak

僕はなんでこんな変わり者なのか

You’re out of your mind

君はおかしいよ

(Oh my, oh my)

Who the fuck are you to judge me?

誰だ?僕を勝手に判断するのは

And I told you I’d be different

言ったよね, 僕は変わるって

And I told you I was wild

これまでは破茶滅茶だったけど

You’re stuck in denial

君は否定的なことに囚われてる

Yeah, I think that maybe

きっと, 君の方こそ

You’re the freak

変わり者なんじゃないかな

[ Verse 2 ]

I keep thinking about

僕はずっと気にしてる

What we could have been

僕たちはどうなってたのかなって

If we hadn’t been caught in
What should have been, yeah

もし固定観念に囚われてなかったら

Oh, we used to be dancing

昔はよく踊っていた

Never cared about nothing

周りのことなんか
一切気にせずに

I don’t know when we got
All these scars within

いつの間に, こんな心の傷を
負ってしまったんだろう

[ Chorus ]

So, tell me why

だから, 教えて欲しい

(Oh why, oh why)

Why am I such a freak?

なんで僕はこんな変わり者なんだ?

You’re out of your mind

君はおかしいよ

(Oh my, oh my)

Who the fuck are you to judge me?

誰だ?僕を勝手に判断するのは

And I told you I’d be different

言ったよね, 僕は変わるって

And I told you I was wild

これまでは破茶滅茶だったけど

You’re stuck in denial

君は否定的なことに囚われてる

Yeah, I think that maybe

きっと, 君の方こそ

You’re the freak

変わり者なんじゃないかな

[ Post-Chorus ]

(Hmm, yeah)

Yeah, I think that maybe

きっと, 君の方こそ

You’re the freak

変わり者なんじゃないかな

You’re stuck in denial

君は否定的なことに囚われてる

Yeah, I think that maybe

きっと, 君の方こそ

You’re the freak

変わり者なんじゃないかな

Yeah, I think that maybe

きっと, 君の方こそ

You’re the freak

変わり者なんじゃないかな

[ Outro ]

(Oh why, oh why)

Hmm

(Oh my, oh my)

Yeah, I think that maybe

きっと, 君の方こそ

You’re the freak

変わり者なんじゃないかな

(Oh why, oh why)

(Oh my, oh my)

Yeah, I think that maybe

きっと, 君の方こそ

You’re the freak

変わり者なんじゃないかな

そこの変わり者な「あなた」!

朗報だ。

この曲の歌詞は、君を助けてくれる。

普通じゃない自分を批判してくる人がいたら、心の中で、こう言い返してやろう。

Yeah, I think that maybe you’re the freak

君の方こそ、変わり者だと思う

って。

「歌詞の内容」について

[Verse1]では、歌詞の主人公が、周りから自分がどう見られてるのかを気にしてる様子が読み取れる。

そして、自分は、凄い最高な経験もしたことあるし、若い年齢で死にたいと思ったこともある。

自分と同じ経験をしたことないのに、僕の辛さだったりを勝手に推測しないで欲しい。

[Verse2]では、過去のことを気にしてる。

もし固定観念に囚われず行動していたら、どんな経験をしていたのかなぁ?

どんな関係になっていたのかなぁ?と。

昔は、余計なことを考えず、ただ今を生きていた。

でも、いつの間にか、周りにどう見られるかとかを気にする人になっていた。

自分が、Freak (変わり者) であることを否定するわけではなく、「君はここがダメだ。そこがダメなんだ。」と、

否定的なコメントばかりしてくる人たちに対して、

俺のここが変だとか、ああだとか、色々言ってくるが、

否定的なことにずっと囚われてる君の方が、変なやつじゃない!?

と柔らかく強気で言い返してるのが、この曲の歌詞のコーラス部分。

Sukiyaki (Ue o Muite Arukou) – Kyu Sakamoto

この動画では、「1:40〜1:52」に当たる部分をサンプリングしたと思われる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です