次は、僕らが主役だ!?|New Discovery (by ila Mix)




時代は、大きく変わった。

そして、音楽業界は、時代の最先端をリードする。

数年前までは、テレビやラジオなど、かなり限られたチャンネルで、情報共有をしていた。

だが、今では、YouTubeがあり、Spotifyがあり、SoundCloudがある。

良い曲を知りたい!

という意思さえあれば、僕たちは、素晴らしい曲に、出会うチャンスがたくさんある。

今回は、僕が、Spotifyで作った“あるプレイリスト”を紹介したい。

タイトルは、

New Discovery (by ila Mix)』。

普段僕は、SpotifyやYouTubeを自動再生の設定にしていて、聴きたい曲が終わると勝手に、関連の曲が流れるようになってる。

なので、いつの間にか、全然知らない曲が、よく流れてる。笑

だが、その時に、「この曲良いなぁ。」と感じることが、何度かあって、それらの曲を1つのプレイリストにまとめていた。

それが、このプレイリスト。

作成したのは、2018年の秋だが、それから半年間かけ、自然と洗練されていき、公開して共有出来たらいいなと思う。

プレイリスト (Spotify)

今回のこのプレイリストのテーマとして、多くの日本人が知ってそうな曲は、あえて外してる。

*でも当時はあまり知られてなかったが、今では有名になってる曲が少しあるかも…*

あと、僕自身、聞いていて疲れる曲は、好きじゃないので、入れてない。

爽やかな心地よいサウンドを中心に、バラード系の曲も多く入ってる

全体的に、落ち着いて聞けて、尚且つ、気分が盛り上がったり、しんみりできる曲が多いと思う。

プレイリストの中でも、特に注目して欲しい7曲

このプレイリストは、全部で、52曲 (約3時間)

という、少し長めなプレイリストになってる。

全曲おすすめなのだが、個人的に、特に注目して欲しい本当に素晴らしい曲を7つだけ選んでみた。

⑴. Loote – Wish I Never Met You

Loote (ルートュ) の音楽って、ギターが特徴的。

彼らは、2人組のアーティストなんだけど、2人とも曲を作れて、歌も歌える。

しかも、珍しい、男女のデュオ。

そして、女性が、かなり美人…。

Loote のシングルでオススメの曲はたくさんあるが、「Your Side Of The Bed」,「85%」は、特に個人的におすすめ。

⑵. Billie Eilish – idontwannabeyouanymore

どうでも良いけど、ビリーアイリッシュって、顔が少しアンバーハードに似てる…。

*この動画のビリーは似てないが、…*

この曲のメロディーは、少し日本の邦楽っぽいかな。

彼女は素晴らしいシングルを数多くリリースしてるが、中でも、この曲は、かなり癖になる!

この曲を一度聞いてしまえば、不思議な魅力に引き込まれ、何度も聞いてしまう事になるだろう。

⑶. Alec Benjamin – Let Me Down Slowly

Alec Benjamin (アウレックベンジャミン) は、すごく魅力的なアーティスト。

最初声を聞いた時、女性かと思ったが、男性だった。

かなり珍しい中性的な歌声!

特に、この曲“ Let Me Down Slowly ”は、名曲と言っても過言ではない。

個人的には、アレッシアカーラとのコラボしてる” Let Me Down Slowly ”の方が好きかな。

⑷. Chord Overstreet – Hold On

僕は、基本的に、落ち着いてる人なので、こういう雰囲気の曲の方が、なんかしっくりくる。

日本ではほぼ知られてない曲だけど、とっても魅力的な曲なので、ぜひ聞いてみて欲しい。

落ち着いた曲だけど、パワフルさも兼ね備えた1曲だと思う

⑸. Sasha Sloan – Older

Sasha Sloan (サーシャスローン) は、名シンガーソングライター。

Julia Michaels (ジュリアマイケルズ) のように、表向きの曲以上に、いろんなアーティストの曲をプロデュスしてる。

音楽業界が、引っ張りだこの内の1人だ。

この曲“ Older ”の歌詞は、心に沁みてくる

メロディー、歌声も、本当に素晴らしい1曲!

⑹. HONNE – Day 1 ◑

HONNE (ホンネ) は、イギリスのアーティストだが、彼らの音楽を聞くと、僕は、アメリカの東海岸を思い出してしまう。

意外と、彼らのような音楽を作るアーティストは他にいない。

そういう意味で、HONNEの音楽は、独特だ

特に、ピアノの部分が印象的。

もし、この曲“ Day 1 ◑ ”の他にオススメはあるかと聞かれたら、僕は、「Location Unknown」, 「Crying Over You」をお勧めする。

⑺. Lewis Capaldi – Someone You Loved

日が沈んだ後のドライブ中に、是非流したい1曲。

この記事で、4番目に紹介した“ Hold On ”と似たタイプの落ち着いていて、パワフルさもある1曲。

そして、エモい1曲だと思う。

最後に

この記事では、7曲だけを特別に取り上げたが、全曲おすすめなので、フラットに聞いてみて欲しい。

因みに、プレイリストの最後の曲は、Lauv (ラウブ) の「The Story Never Ends」で締めくくった。

なんか説明できる理由が明確にあった訳ではないが、この曲をどうしても、最後にしたかった。

一応、起承転結を意識して、曲順を並べたので、最初から聞いても十分楽しめるかと。

それでは、最後に、このプレイリストを楽しんでもらえたら、嬉しい!

New Discovery (by ila Mix)

*因みに、基本的に、和訳のリクエストは受け付けてないのだが、上の7曲に関しては、リクエストあれば、引き受けるかも?*



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です