『歌詞 和訳』: Avicii – SOS (ft. Aloe Blacc)




Timの死後、Avicii (アヴィーチー) の初シングルとなるSOSの歌詞を和訳。

ボーカルは、“ Wake Me Up ”でもタッグを組んだ Aloe Blacc (アローブラック)。

関連記事 : Avicii (アヴィーチー) の人気曲「Wake Me Up」の本当の意味は、『死なせてくれ』だった!?

SOSは、Tim (ティム) が亡くなった後に、完成した曲だが、

メロディー、歌詞の角度、ドロップ、全てに、彼らしさを感じる

僕個人の意見だと、

このSOSは、Timが、生前思い描いていた完成図に、限りなく近いと思う。

Tim 本人が、最後まで完成させたとしても、この完成形 (バージョン) だったんじゃないかな。

Avicii – SOS ft. Aloe Blacc

ila 和訳

[ Chorus ]

Can you hear me? S.O.S

届いてるか?僕のSOSが

Help me

力を貸して欲しい

Put my mind to rest

このマインドを
鎮めるために

Two times clear

二度乗り越えた

Again I’m acting low

でもまた振り出しだ

A pound of weed and

1ポンドの大麻と

A bag of blow

一袋のコカインで

[ Pre-Chorus ]

I can feel your love

君の愛を感じられる

Pulling me up from the underground

地下から僕のことを
引き上げてくれる時に

I don’t need my drugs

ドラッグはもう必要ない

We could be more than

僕たちならきっと

Just part-time lovers

都合の良い関係じゃなく
それ以上の関係に

I can feel your touch

君の温もりを感じられる

Picking me up from the underground

暗闇から救ってくれる時に

I don’t need my drugs

ドラッグはもう必要ない

We could be more than

僕たちならきっと

Just part-time lovers

都合の良い関係じゃなく
それ以上の関係に

We could be more than

僕たちならきっと

Just part-time lovers

都合の良い関係じゃなく
それ以上の関係に

[ Drop ]

We could be more than

僕たちならきっと

Just part-time lovers

都合の良い関係じゃなく
それ以上の関係に

[ Verse ]

I get robbed of all my sleep
As my thoughts begin to bleed

思考が一人歩きし始めて
全く眠れなくなってしまう

I’d let go but I don’t know how

これを断ち切りたいけど
僕はどうすればいい?

Yeah I don’t know how

その方法が分からない

But I need to now

でも, 今手放さなくちゃ

[ Pre-Chorus ]

I can feel your love

君の愛を感じられる

Pulling me up from the underground

地下から僕のことを
引き上げてくれる時に

I don’t need my drugs

ドラッグはもう必要ない

We could be more than

僕たちならきっと

Just part-time lovers

都合の良い関係じゃなく
それ以上の関係に

I can feel your touch

君の温もりを感じられる

Picking me up from the underground

暗闇から救ってくれる時に

I don’t need my drugs

ドラッグはもう必要ない

We could be more than

僕たちならきっと

Just part-time lovers

都合の良い関係じゃなく
それ以上の関係に

[ Bridge ]

I can feel your touch

君の温もりを感じられる

Picking me up from the underground

暗闇から救ってくれる時に

I don’t need my drugs

ドラッグはもう必要ない

We could be more than

僕たちならきっと

Just part-time lovers

都合の良い関係じゃなく
それ以上の関係に

[ Drop ]

(We could be)

(僕たちならきっと)

We could be more than

僕たちならきっと

Just part-time lovers

都合の良い関係じゃなく
それ以上の関係に

(Part-time lovers, yeah)

(都合の良い関係じゃなく)

(More than, more than lovers)

(それ以上の関係に)

We could be more than

僕たちならきっと

Just part-time lovers

都合の良い関係じゃなく
それ以上の関係に

[ Outro ]

Can you hear me? S.O.S

届いてるか?僕のSOSが

Help me

力を貸してくれ

Put my mind to rest

このマインドを
鎮めるために

*補足*

鎮める=しずめる

歌詞の内容

SOS ”の歌詞からは、Timの苦悩が、感じ取れる

だが、同時に、光も見出している

そこが、僕は、Avicii (=Tim) らしいなと思う。

歌詞の主人公は、苦しみから逃れるために、ドラッグに手を出す。もちろん、効果は一時的で、また同じ苦しみを味わう。

しかし、主人公は、愛のある人に出会い、愛を感じ、光 (突破口) を見出す。

歌詞の中で、何度も繰り返される「We could be more than just part-time lovers」とは、

欲望を満たすだけの関係ではなくて、僕たちは、愛に満ちた関係になれる』ということ。

「Part-time Lovers」というのは、一言でいうと、「都合の良い関係」。

欲望を満たすことが、決して悪いことではなくて、「僕たちは、欲望を満たしつつ、愛を与え合う関係に、きっとなれる」といった感じ。

そして、「Pulling me up from the underground」という部分の

the underground (地下)」は、太陽光が届かず真っ暗なことから、『暗闇』の例えとして使われてる。

歌詞の中で、『暗闇から脱してくれるのは、愛の力 (光)』だと、表現してる。

歌詞の『メインメッセージ』とは!?

愛に希望を見出す歌詞の主人公だが、

この曲の歌詞で、Timが最も伝えたかったのは

悩みや苦しみを自分1人で抱え込まずに、周りに助けを求めることの大切さ。」かもしれない。

彼は、この歌詞を通して、『周りに、S.O.Sを発することの重要性』を訴えかけてるようにも感じる。

だが、それだけでなく、

Can you hear me? S.O.S

届いてるか?僕のSOSが

Help me

力を貸してくれ

Put my mind to rest

このマインドを
鎮めるために

というのは、彼の本音、『彼の心の声』だったのかもしれない。

Fan Memories Video

関連記事 : Avicii (アヴィーチー) 待望のニューアルバム、“ TIM ”のリリースに、先駆けて。

また、新曲“ SOS ”は、2019年6月6日に、リリース予定の Avicii (アヴィーチー) のアルバム『TIM』のリードシングルである。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です