『歌詞 和訳』: Skylar Grey – Everything I Need (映画”アクアマン”のサントラ)




2019年2月8日 (金) に、公開予定の映画『アクアマン (Aquaman)』のサウンドトラック” Everything I Need “の歌詞を和訳。

歌うのは、有名なシンガーソングライター Skylar Grey (スカイラーグレイ)。

素敵な1曲で、サントラの中でも、際立ってる

映画『アクアマン』の内容は、「ワンダーウーマン」みたいなアクション映画だが、

一応、超古代文明「アトランティス」を物語のベースにしていて、SFっぽさもある。

個人的に、アトランティスに興味があるので、この映画の予告に、ちょっと惹かれた。

*まあ、アトランティスを物語のベースに、してるというほど、してないみたいだけれど…*

Skylar Grey – Everything I Need

ila 和訳

[ Verse 1 ]

Born on the wrong side of the ocean

海の邪悪なサイドで生を受けた

With all the tides against you

あなたをよく思わない
者たちの潮の流れと共に

You never thought you’d be
much good for anyone

あなたは思っても見なかった
真のヒーローになるなんて

But that’s so far from the truth

でも, それは真実から程遠いわ

[ Pre-Chorus ]

I know there’s pain in your heart
And you’re covered in scars

心に傷を負ってるのはわかってる
あなたが傷だらけであることも

Wish you could see what I do

私が力になってると
気づいて欲しいな

[ Chorus ]

‘Cause baby, everything you are
Is everything I need

だって, あなたは私が
必要としてる全てだから

You’re everything to me

私にとってあなたは全てなの

Baby, every single part
Is who you’re meant to be

どの部分を取っても
あなたは運命の人

‘Cause you were meant for me
And you’re everything I need

あなたは私のために生まれたきた
あなたは私のかけがえのない人

[ Verse 2 ]

You can say I’m wrong
You can turn your back against me

私が間違ってると言ってもいいし
あなたは私に敵対することも出来る

But I am here to stay
(I am here to stay)

でも私はここにいる
(ここにとどまるわ)

Like the sea
She keeps kissing the shoreline

まるで海のように
彼女は汀線にキスし続ける

No matter how many times
he pushes her away

彼が彼女をいくら
押し退けたとしても

[ Chorus ]

‘Cause baby, everything you are
Is everything I need

だって, あなたは私が
必要としてる全てだから

You’re everything to me

私にとってあなたは全てなの

Baby, every single part
Is who you’re meant to be

どの部分を取っても
あなたは運命の人

‘Cause you were meant for me

あなたは私のために生まれてきた

[ Bridge ]

And everything happens for a reason
It’s all a blessing in disguise

全ての物事には何か意味がある
不幸に見えてもやがて幸福なるわ

I used to question who I was
Well now I see
The answer is in your eyes

かつて自分が誰か疑問だった
でも今ならわかる
その答えはあなたの目の奥に

[ Chorus ]

‘Cause baby, everything you are
Is everything I need

だって, あなたは私が
必要としてる全てだから

You’re everything to me

私にとってあなたは全てなの

Baby, every single part
Is who you’re meant to be

どの部分を取っても
あなたは運命の人

‘Cause you were meant for me
And you’re everything I need

あなたは私のために生まれたきた
あなたは私のかけがえのない人

[ Verse 2 ]の内容は、

歌詞の主人公が、「You(多分、アクアマン)」に対して、選択肢を与えてる。

私は、海の世界の邪悪な側にはつかないけれど、

あなたはどちらが正しいと思うのか、あなたに決める権利があるわ。

という感じで。

でも、その後の

But I am here to stay

という箇所からは、歌詞の主人公の強い意思というか、「勇気・決意」を感じられる。

あなたの選択がどちらに転んでも、私の決断は変わらない。

でも、「私と同じサイドであって欲しい」という思いも少し含まれてる気がする。

因みに、歌詞の中の

Like the sea
She keeps kissing the shoreline

まるで海のように
彼女は汀線にキスし続ける

*汀線(ていせん)・・海面と陸地の境界線*

No matter how many times
he pushes her away

彼が彼女をいくら
押し退けたとしても

という部分は、海の女と陸の男(アクアマンの両親)のことを表してるんじゃないかな。

まだ映画を見てないから、なんとも言えないけれど…。

最後に、歌詞の[ Bridge ]で、

And everything happens for a reason
It’s all a blessing in disguise

全ての物事には何か意味がある
不幸に見えてもやがて幸福なるわ

とあるが、

これは、例えば、

会社にクビにされ、最悪な出来事だとその時思ったことも、それが起業するきっかけになり、より成功できたとか。違う会社に就職し、素敵な人に出会えたとか。

一見不幸に見えるようなことも、その時はわからないが、後々自分の人生を振り返って見ると、実は、人生が好転する出来事だったみたいなこと。

でもそう考えると、何事も前向きに捉えていかないと、自分の人生の最大のチャンスかもしれない機会を自分で潰してしまうことになりかねない。

映画『アクアマン』の予告

アトランティスって、実際どんな時代だったのか、はっきりとわかってないけれど、

今でいう核エネルギーみたいな強力なエネルギーと同等もしくはそれ以上を使えた時代だと言われてる。

そして、そのエネルギーをよくない方向へ使う人たちにより、破滅せざる負えなかったらしい。

この映画『アクアマン』は、その部分が物語の根底にある。

映画で言うと、

三叉槍(さんさそう)を主人公のアクアマンが手にすれば、平和に。

邪悪なサイド (アクアマンの弟) がそれを手にすれば、破滅をもたらす。

この両者の戦いをアクション映画の見所として演出してる。

このサントラである” Everything I Need “も素敵な曲だし、予告編を見る限り、面白そうな映画なので、普通に見てみたい。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です