『歌詞 和訳』: Avicii − Somewhere In Stockholm




tumblr_ntrcu7K3IZ1uslmbwo1_1280

EDM とは、思えない1曲

Avicii (アヴィーチー) のセカンドアルバム「Stories」の収録曲“ Somewhere In Stockholm ”の歌詞を和訳。

アヴィーチーは、スウェーデンのストックホルム生まれで、この曲は、アヴィーチーの故郷について歌った曲。

故郷であるストックホルムのどこかで自分のバックボーンを失ったみたい。

ボーカルは、スウェーデンの歌手である Daniel Adams-Ray (ダニエル・アダムス・レイ)。

因みに、自身のブランドも持つファッションデザイナーでもある。

アヴィーチーの曲を作る才能やばし。

Avicii − Somewhere In Stockholm

ila 和訳

[ Verse 1 ]

That’s me right there on the corner

それは僕だ, その角にいる人は

Listening to Wu in my Walkman

ウォークマンで“ WU ”を聴いてる

Neon lights at the water

水溜まりの上にある
ネオンのライトが

Reflecting the city I’m lost in

僕の迷った街を映し出す

That’s me right there on the corner

それは僕だ, その角にいる人は

I one day would be leaving

僕はいつか去るだろう

For a dream that I didn’t have

予期してなかった夢のために

That I’d one day would believe in

いつか信じるであろう夢のため

Strange how the same place I ran from

不思議なのは, 夢想する場所と

Is the same place I think of

自分が去った場所が同じこと

Whenever the chance comes

チャンスがいつ来ても

It’s inevitable

避けられない

‘Cause wherever I go…

僕はどこへ行こうとも…

[ Chorus ]

I hear echoes of a thousand screams

いくつもの叫びがこだまする

As I lay me down to sleep

自分が寝ようと横になってると

There’s a black hole deep inside of me

心の奥底にブラックホールがある

Reminding me

そして, 僕は思い出す

That I’ve lost my backbone
Somewhere in Stockholm

ストックホルムのどこかで
バックボーンを失ったことを

I lost my backbone

僕はバックボーンを失ったんだ

Somewhere in Stockholm

ストックホルムのどこかで

[ Verse 2 ]

I’m from a place where we never
Openly show our emotions

僕が生まれた地域の人はみんな
自分の感情を決して表に出さない

We drown our sorrows in bottomless bottles
And leave them to float in the ocean

底抜けのボトルの中に悲しみを
覆い隠し, 海へと漂わせるんだ

I’m from a place where we never
Separate people from people

僕が生まれた地域の人はみな
人々を決して分け隔てない

Some generalize, but in general I

ごく一部例外の人はいるけれど

Still believe that we are treated as equals

基本的に対等に扱われている

My father, my mother, my sister

僕の父, 母, 姉

My brother, my friends

僕の兄, 友達

And my family’s there

家族はここにいる

My hope and my money

僕の希望とお金

My innocence in a sense

僕の純粋さのいくらかを

Almost lost everything here

ここでほとんどを失いかけた

Right where I was founded
Is right where I’ll be found dead

僕が見つかったその場所で
僕の遺体は見つかるだろう

The streets of my backbone

僕のバックボーンの通りだ

Until I get back home

僕が故郷に戻るまで

[ Chorus ]

I hear echoes of a thousand screams

いくつもの叫びがこだまする

As I lay me down to sleep

自分が寝ようと横になってると

There’s a black hole deep inside of me

心の奥底にブラックホールがある

Reminding me

そして, 僕は思い出す

That I’ve lost my backbone
Somewhere in Stockholm

ストックホルムのどこかで
バックボーンを失ったことを

I lost my backbone

僕はバックボーンを失ったんだ

Somewhere in Stockholm

ストックホルムのどこかで

[ Verse 3 ]

I’m not alone

僕は独りじゃない

I am the fire that burns

燃え上がる炎さ

Not of the city but out of the ‘burbs

街ではなく, 離れた郊外にある

A river that’s just dying of thirst

渇いて死にかけた川

I am a reverend lying in church

僕は教会で横たわる牧師

A crack in the pattern

模様の中にある裂け目

A miracle waiting to happen

起きるのを待っている奇跡

A promise that never was kept

決して守れなかった約束

One of those moments

これらの瞬間の一つを

You’ll never forget

君は決して忘れないだろう

I am that feeling inside

僕は内側にある感情

The one we all know

みんなもわかってること

But can’t really describe

でもうまく表現出来ない

I am the blood spill

僕はこぼれ落ちた血だ

But I’m in love still

でも, まだ愛してる

[ Bridge ]

Somewhere in Stockholm

ストックホルムのどこかで

But I’m not alone

でも, 僕は独りじゃない

Don’t have to get by on my own

独りで生きていく必要はない

I’m finally home

僕は遂に故郷へ戻った

Hemma i Stockholm

故郷のストックホルムへ

[ Chorus ]

I hear echoes of a thousand screams

いくつもの叫びがこだまする

As I lay me down to sleep

自分が寝ようと横になってると

There’s a black hole deep inside of me

心の奥底にブラックホールがある

Reminding me

そして, 僕は思い出す

That I’ve lost my backbone
Somewhere in Stockholm

ストックホルムのどこかで
バックボーンを失ったことを

I lost my backbone

僕はバックボーンを失ったんだ

Somewhere in Stockholm

ストックホルムのどこかで

「WU」は、歌手のウータン・クランのこと。

「Hemma」は、スウェーデン語で「家にいる」という意味。

Avicii − Somewhere In Stockholm

このライブのスクリーンで流してる動画をミュージックビデオとして、リリースして欲しかった。

Avicii & Daniel Adams-Ray − Ghost (作曲風景)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です