『歌詞 和訳』: David Guetta & Avicii − Lovers On The Sun (ft. Sam Martin)




実は、アヴィーチーとのコラボ曲!

カントリー風が、ものすごく濃ゆいけど、かっこいい。

フランス出身のスーパープロデューサー David Guetta (デヴィッド・ゲッタ) とスウェーデン出身の世界トップDJ Avicii (アヴィーチー) のコラボ。

Sam Martin (サム・マーティン) は、癖の強いシンガーソングライター。

曲自体は、Avicii 感満載だが、David Guetta の個性も加わって、カモフラージュされている。

ギター部分は、“ Avicii – Wake Me Up ”でもコラボした Mike Einziger が担当。

アヴィーチーが、たまに、自身のライブセットでも、この曲をちょくちょく流してた。

David Guetta & Avicii − Lovers On The Sun

ila 和訳

[ Verse 1: Sam Martin ]

Let’s light it up, let’s light it up

さあ火を付けよう, 火を付けよう

Until our hearts catch fire

二人の心に火が灯るまで

Then show the world a burning light

それから世界へ示すんだ
明るく煮えたぎった光を

That never shined so bright

それ以上ない光の輝きを

We’ll find a way

見つけ出すだろう

We’ll find a way to keep the cold night

僕たちは見つけ出すだろう

From breaking in over the walls

ひんやりとした夜に
攻め込ませない方法を

Into the wild side

野蛮な世界の中へ

The hunger satisfied

空腹を満たすのさ

[ Chorus: Sam Martin ]

We’re burning up

僕たちは燃え上がる

We might as well be lovers on the sun

僕たちはまるで太陽の恋人だ

We might as well be lovers on the sun

僕たちはまるで太陽の恋人だ

We might as well be lovers on the sun

僕たちはまるで太陽の恋人だ

[ Verse 2: Sam Martin ]

We’ll never know

僕たちには分からない

We’ll never know

僕たちには分かり得ない

What stands behind the door

そのドアの背後に
何が佇んでいるのか

But I got a feeling

でも, 予感がするんだ

It’s a feeling that’s worth dying for

それを強く欲する価値があると

Just close your eyes

さあ, 目を閉じて

And hold your breath

息をひそめて

Because it feels right

しっくりくるから

We’ll keep it moving

僕たちは止まらないだろう

Till we make it to the other side

向こう側へ辿り着くまで

And let’s enjoy the ride!

さあ, 冒険を楽しもう!

[ Chorus: Sam Martin ]

We’re burning up

僕たちは燃え上がる

We might as well be lovers on the sun

僕たちはまるで太陽の恋人だ

We might as well be lovers on the sun

僕たちはまるで太陽の恋人だ

We might as well be lovers on the sun

僕たちはまるで太陽の恋人だ

[ Outro: Sam Martin ]

Let’s light it up, let’s light it up

さあ火を付けよう, 火を付けよう

Until our hearts catch fire

二人の心に火が灯るまで

And so the world, a burning light

そして世界は光り輝き出す

They’ve never shined so bright

これまで見せたことない輝きを

We might as well be lovers on the sun

僕たちはまるで太陽の恋人だ

歌詞の中のメイン部分だが、これは短縮系の言葉で表現してあるので、

解説すると、

僕たちは、太陽のような光そのものであり、輝き世界を明るく照らすんだ。

というのが、歌詞の趣旨



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です