『歌詞・和訳』: Martin Garrix & Blinders – Breach (Walk Alone)




Martin Garrix (マーティンギャリックス) と Blinders の” Breach (Walk Alone) “の歌詞を和訳。

新EP『BYLAW』の1曲目に収録されてる。

ほとんどインストルメンタルで、歌詞は少ないけど、個人的に、好きな歌詞だったので、和訳した。

今回のEPは、全部で5曲収録されてるが、5曲目の” Waiting For Tomorrow “を除き、インストルメンタル(ボーカルなし)だ。

その中で、僕が1番惹かれたのが、この曲” Breach (Walk Alone) “。

これは、ネクストレベルだ!

今までの EDM らしさもあるが、これまでに感じたことのない音楽も感じた。

是非、聞いてほしい!

Martin Garrix & Blinders – Breach (Walk Alone)

ila 和訳

[ Verse ]

These days nothing
ever feels like home

このところずっと
心が安らげない

You say you’re driving
down a one way road

君は一方通行を走ってるって

If you see the day only for the night

もし君が夜の間だけ
日を見るのならば

Do you see the darkness
In the middle of the light?

君は光の真っ只中で
暗闇を見るの?

Feel your heart break
You’re not the only one you know

胸が張り裂ける思いを感じて
君が知ってるのは君だけじゃない

[ Chorus ]

When you find yourself
All on your own

自力で自分と向き合って
自分探しをするのなら

You’ll never walk alone

君は独りじゃない

In the dead of the night
Out in the cold

真夜中でも, 寒い所でも

You’ll never walk alone

君は独りじゃない

[ Post-Chorus ]

You’ll never walk alone
You’ll never walk alone

君には仲間がいるから
君は決して独りじゃない

きちんと自分と向き合って、自分を知っていくのなら、君は仲間と出会うことができる。だから、独りじゃない。

というのが、この曲の歌詞の『真意』な気がする。

この曲の歌詞の主人公は、何かに奮闘している。そして、出だしの一文から、自分を見失ってる状況が読み取れる。

” These days nothing ever feels like home “、故郷に感じる場所がないと。

正しい道を歩めば、出会うべき時に、出会うべき人と出会う。

でも、そのためには、自分を知る必要がある。自分と向き合うことは、孤独だ。

逆説的に聞こえるが、孤独に人生を歩める人は、(結果的に仲間と出会うから) 孤独な人生にはならない

それが、この曲のメッセージだと思う。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です