『歌詞・和訳』: Martin Garrix – Waiting For Tomorrow ft. Mike Shinoda




Martin Garrix ファン、待望の新曲である” Waiting For Tomorrow “の歌詞を和訳。

2016年の3月末に行われた Ultra Miami のライブセットにて、マーティンギャリックスが、初披露して以来、約2年半が経ち、遂にリリース。

当時から噂れてた情報通り、アメリカの DJ Pierce Fulton (ピアス・フルトン) とのコラボ曲で、歌っているのは、Linkin Park (リンキンパーク) の Mike Shinoda (マイク・シノダ) だった。

マーティンからの直接のアナウンスはなかったから、リークしちゃってたみたい。

とにかく、このマーティンの” Waiting For Tomorrow “、超かっこいい!!!

マーティンがまだリリースしてない曲の中でも、個人的に、1番リリースして欲しかった曲だったから、すごく嬉しい。

Martin Garrix & Pierce Fulton – Waiting For Tomorrow (feat. Mike Shinoda)

ila 和訳

[ Verse 1 ]

Remember we were staring up
To those peaks on the horizon?

地平線のあの山頂を2人で
見詰めていたのを覚えてる?

You told me if I faced my fears
There was no doubt I could climb them

君は僕に言ったんだ

自分の怖れと向き合えば
間違いなく登れるって

[ Pre-Chorus ]

There’s nothing I have wanted more
The only one I’ve been waiting for

もっと欲しいものはない
僕が待ってたのは一つだけ

So hold your breath
And close your eyes

さあ, 息を凝らして
目を閉じてみて

The night is cold
But the sun will rise

夜は寒いけれど
太陽は必ず昇るから

[ Chorus ]

Counting down to the light
Through the night

一晩中ずっと, 朝日まで
カウントダウンしながら

Just waiting for tomorrow

ただ明日を待っている

Almost there, almost time
All my life, just waiting

すぐそこだ, もうすぐだ
生涯ずっと, ただ待ってる

It’s only one more day
It’s only one more day
It’s only one more day

もう1日だけ

It’s only one more
Waiting for tomorrow

もう1日だけ
明日を待ってる

[ Post-Chorus ]

Just waiting for tomorrow

ただ明日を待っている

[ Verse 2 ]

Fear is creeping up behind
As this road is finally ending

この道は遂に終わりを迎えてる
だが, 怖れは背後に忍び寄る

I can’t find order in my mind
But this noise inside so deafening

頭の指示は聞き分けられない
この内なる雑音がうっとおしい

[ Pre-Chorus ]

There’s nothing I have wanted more
The only one I’ve been waiting for

もっと欲しいものはない
僕が待ってるのは一つだけ

So hold your breath
And close your eyes

さあ, 息を凝らして
目を閉じてみて

The night is cold
But the sun will rise

夜は寒いけれど
太陽は必ず昇るから

[ Chorus ]

Counting down to the light
Through the night

一晩中ずっと, 朝日まで
カウントダウンしながら

Just waiting for tomorrow

ただ明日を待っている

Almost there, almost time
All my life, just waiting

すぐそこだ, もうすぐだ
生涯ずっと, ただ待ってる

It’s only one more day
It’s only one more day
It’s only one more day

もう1日だけ

It’s only one more
Waiting for tomorrow

もう1日だけ
明日を待ってる

[ Bridge ]

Just waiting

ただ待っている

It’s only one more day
It’s only one more day
It’s only one more day
It’s only one more day

もう1日だけ

It’s only one more day
It’s only one more day
It’s only one more day

もう1日だけ

It’s only one more
Waiting for tomorrow

もう1日だけ
明日を待ってる

Waiting for tomorrow
Waiting for tomorrow

明日を待っている
明日を待っている

[ Outro: instrumental ]

Waiting for tomorrow

明日を待っている

この曲の歌詞を和訳していて、イメージしちゃったのは、『山登り』。

山登りって、登れるかどうか不安になるし、キリマンジャロ (5895m) くらいの高さになると、山の上でキャンプしながら、登ることになる。

歌詞の中で、” The night is cold But the sun will rise “の後に、” Counting down to the light
Through the night “とくるが、山の夜なんて、超寒い。太陽の光が見えるまで、カウントダウンしたくなる気もわかる。

で、思い出したのは、マーティンの昔の facebook の投稿

初めて、マイクシノダとマーティンがスタジオ入りしたのは、2015年の11月

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Another day in the lab

Martin Garrixさん(@martingarrix)がシェアした投稿 –

” Waiting for tomorrow “が、初披露されたのは、2016年の3月末

Martin Garrix – Live @ Ultra Music Festival Miami 2016

*” Waiting For Tomorrow “は、上の動画の10:11〜

マーティンが、キリマンジャロを登ったのは、2016年の1月末

だから、キリマンジャロの経験を歌詞にしたのは、可能性としてはありえるかな。笑

関連記事 : リリースされて欲しい、魅力的な『未リリース曲 (New ID)』を7曲集めてみた

4ヶ月前に書いた上の記事でも、” Waiting For Tomorrow “に関して、コメントしてます。

関連記事 : オススメEDM ” Unreleased Songs “

2016年のこちらの記事でも、紹介してます。



2 件のコメント

  • 16年のveld?でgarrix好きになってそれからずっと待ってた曲でした
    evolveといいwaiting for tomorrowといい最近古豪がリリースされるの嬉しいですよね!
    waiting for tomorrow、リリース後のVerse 2かっこよすぎです!

    今後も期待します!

    • “Waiting For Tomorrow”、カッコ良すぎますよね!

      “Evolve”は、ボーカルをどうするんだろう?って感じで待っていましたが、
      “Waiting For Tomorrow”に関しては、もうお蔵入りになってリリースされないと思ってました。

      なので、余計に嬉しさ倍増です。笑。しかも、完成系も、ここが微妙だなぁと思う所が全くないし、
      Verse2の入り方も、すごくかっこいい。

      これで、エドシーランとのコラボ曲”Rewind Repeat It”も、
      もしかしたらリリースされるんじゃないかという望みも見え始めました。笑

      まあ誰とのコラボというよりも、これからの彼の素晴らしい音楽に期待したいですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です