『歌詞・和訳』: Billie Eilish – when the party’s over




Billie Eilish (ビリー・アイリッシュ) の” when the party’s over “の歌詞を和訳

ビリー・アイリッシュは、まだ16才の女性シンガー。16才でこの音楽は、凄いとしか言えない。

彼女のことは、カリードとコラボした” lovely “って曲で、知ったが、ゆったりとしてスローテンポな曲が多く、吸い込まれる。

この人は、もっともっと、ビッグなアーティストになると思う!

Billie Eilish – when the party’s over

ila 和訳

[ Verse 1 ]

Don’t you know I’m no good for you

わからないの?
私は相応しくないって

I’ve learned to lose you, can’t afford to

あなたの失い方を学んだ
でも本当に失うのは困る

Tore my shirt to stop you bleeding

あなたの出血を止めるために
自分のシャツを引き裂いたけど

But nothin’ ever stops you leaving

あなたが去ってくのを
止められたためしがない

[ Chorus ]

Quiet when I’m coming home
And I’m on my own

一人で家に帰るときの静けさ

I could lie, say I like it
like that, like it like that

私はそれが好きなんだと
嘘をつくこともできる

I could lie, say I like it
like that, like it like that

それが好きなんだと
強がることもできる

[ Verse 2 ]

Don’t you know too much already

もう限界だってわからないの?

I’ll only hurt you if you let me

あなたが許してくれたとしても
あなたを傷つけてしまうだけ

Call me friend but keep me closer

私を友達だと言うけれど
あなたは近くにキープする

(call me back)

(かけ直して)

And I’ll call you when the party’s over

パーティーが終わったら
あなたに電話するわ

[ Chorus ]

Quiet when I’m coming home
And I’m on my own

一人で家に帰るときの静けさ

And I could lie, say I like it
like that, like it like that

私はそれが好きなんだと
嘘をつくこともできる

Yeah I could lie, say I like it
like that, like it like that

それが好きなんだと
強がることもできる

[ Bridge ]

But nothing is better sometimes

時々, 望ましいものがない

Once we’ve both said our goodbyes

一度お互いに別れを告げて

Let’s just let it go
Let me let you go

そのままにしときましょう
私にあなたを手放させて

[ Chorus ]

Quiet when I’m coming home
And I’m on my own

一人で家に帰るときの静けさ

I could lie, and say I like it
like that, like it like that

私はそれが好きなんだと
嘘をつくこともできる

I could lie, and say I like it
like that, like it like that

それが好きなんだと
強がることもできる

歌詞から感じるのは、主人公が好きな男は、一人の女性に絞ってる感じではなく、色んな女性をキープしてる。

で、この歌詞のストーリーは、

パーティーが終わって、彼(主人公と良い感じの男性?)に電話するも、上手く繋がらず、一人で家に帰る。

一人で帰るのが好きなんだと嘘つくこともできる“には、本当は、迎えに来て欲しかった気持ちが隠れてる。

Billie Eilish – lovely (with Khalid)

この曲” Lovely “には、特に衝撃を受けた。

歌を聴いていると、いつの間にか引き込まれてしまう。

ビリーアイリッシュのシングルは、ほとんど音楽家・俳優でもある兄さんの Finneas (本名 : Finneas O’Connell) が、作ってる。

when the party’s over “も、” Lovely “も、Ocean Eyes “も。

2人で作ることが多く、兄が陰ながら、ビリーの活躍を支えてる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です