『歌詞・和訳』: Jess Glynne – Thursday




Jess Glynne (ジェスグリン) の新曲” Thursday “の歌詞を和訳。

彼女のニューアルバム『Always In Between』の4曲目に収録されているシングル。

まだアルバムをじっくりと聞けてはないが、パラっと全曲聞いた中で、

僕が、最も魅力的に感じたのは、この曲” Thursday

最近は、曲の出だしを聞いて、”この曲すごく良い!”と思った曲はほとんどないが、出だしから、何か惹かれるものがあった。

1回聞いただけでは良さがわからないが、まだこの曲を聞いてない人には、是非、一度聞いてみて欲しい。

因みに、歌詞も凄く良い!

ありのままの自分でいる、自分らしくいることに勇気を与えてくれる!

Jess Glynne – Thursday

ila 和訳

[ Verse 1 ]

I won’t wear makeup on Thursday
I’m sick of covering up

木曜日は化粧をしない
繕うのにはうんざりなの

I’m tired of feeling so broken
I’m tired of falling in love

落ち込むのには疲れてる
恋に落ちるに疲れてしまった

Sometimes I’m shy and I’m anxious
Sometimes I’m down on my knees

内気になって心配することも
時々, ひざまずくことだってある

Sometimes I try to embrace
All my insecurities

時には不安に感じることの全てを
受け入れようとすることもある

So I won’t wear makeup on Thursday
‘Cause who I am is enough

だから, 木曜日は化粧をしない
そのままの私で十分だから

[ Pre-Chorus ]

And there are many things
That I could change so slightly

少しだけ変えられることは
たしかにたくさんあるけれど

But why would I succumb
To something so unlike me?

どうして, 私にはないものに
屈しなくちゃいけないの?

いや, 屈したりしない

I was always taught to just be myself
Don’t change for anyone

私はいつも教わってきた
自分らしくいるように

誰かのために自分を
変える必要なんてない

[ Chorus ]

I wanna laugh, I wanna cry

私は笑いたいし, 泣きたい

Don’t want these tears
Inside my eyes, yeah

涙を自分の目に
溜めこみたくはない

Don’t wanna wake up
And feel insecure

朝, 目を覚まして
不安を感じたくない

I wanna sing, I wanna dance

私は歌いたいし, 踊りたい

I wanna feel love
Inside my hands again

また手の温もりで愛を感じたい

I just wanna feel beautiful

私はただ, 美しく感じたいの

[ Post-Chorus ]

Oh-oh-oh-oh, I-
Oh-oh-oh-oh, I-

I just wanna feel beautiful

ただ美しく感じたいの

[ Verse 2 ]

I’ll wear my sweatpants on Thursday
And I’ll drink soft drink from a can

木曜日はスウェットを履いて
缶ジュースを飲むの

I’ll build my own independence
I don’t always need a man

私は自分をきちんと持つわ
常に男がいる必要なんてない

You know sometimes I feel lonely
Could do with the company

もちろん, 孤独を感じることも
誰かと一緒にいたい時もある

Oh, I get high when I’m down
But you know that’s alright with me

落ち込むとハイになるけれど
それはそれで, 問題ないわ

So I will do nothing on Thursday
Sit alone and be

だから, 木曜日は何もしない
ただ1人で, 腰を下ろして

[ Pre-Chorus ]

And there are many things
That I could change so slightly

少しだけ変えられることは
たしかにたくさんあるけれど

But why would I succumb
To something so unlike me?

どうして, 私にはないものに
屈しなくちゃいけないの?

いや, 屈したりしない

I was always taught to just be myself
Don’t change for anyone

私はいつも教わってきた
自分らしくいるように

誰かのために自分を
変える必要なんてない

[ Chorus ]

I wanna laugh, I wanna cry

私は笑いたいし, 泣きたい

Don’t want these tears
Inside my eyes, yeah

涙を自分の目に
溜めこみたくはない

Don’t wanna wake up
And feel insecure

朝, 目を覚まして
不安を感じたくない

I wanna sing, I wanna dance

私は歌いたいし, 踊りたい

I wanna feel love
Inside my hands again

また手の温もりで愛を感じたい

I just wanna feel beautiful

私はただ, 美しく感じたいの

[ Post-Chorus ]

Oh-oh-oh-oh, I-
Oh-oh-oh-oh, I-

I just wanna feel beautiful

美しく感じたいの

Oh-oh-oh-oh, I-
Oh-oh-oh-oh, I-

I just wanna feel beautiful

美しく感じたいの

[ Bridge ]

I won’t wear makeup on Thursday
‘Cause who I am is enough

木曜日は化粧をしない
そのままの私で十分だから

[ Chorus ]

I wanna laugh, I wanna cry

私は笑いたいし, 泣きたい

Don’t want these tears
Inside my eyes, yeah

涙を自分の目に
溜めこみたくはない

Don’t wanna wake up
And feel insecure

朝, 目を覚まして
不安を感じたくない

I wanna sing, I wanna dance

私は歌いたいし, 踊りたい

I wanna feel love
Inside my hands again

また手の温もりで愛を感じたい

I just wanna feel beautiful

私はただ, 美しく感じたいの

[ Post-Chorus ]

Oh-oh-oh-oh, I-
Oh-oh-oh-oh, I-

I just wanna feel beautiful

美しく感じたいの

Oh-oh-oh-oh, I-
Oh-oh-oh-oh, I-

I just wanna feel beautiful

美しく感じたいの

木曜日に化粧をしない」っていうのは、どちらかというと、『例え』として使われてる気がする。

誰かに気に入られるため、もしくは好きになってもらうために、自分を繕うのではなく、「私は自分らしく生きていきたい」というのが、この曲が最も伝えたいメッセージだと思う。

自分を装ったり、作るのは、疲れる。

ありのままの自分で生きるのが、1番自分が幸せになれる道だ

*因みに、この曲” Thursday “のジャケット画像でジェスグリンは、歌詞に書いてる通り、化粧をしていない

普通に生きていたら、自分になくて、他の人にはあるものに目がつくことがある。それに嫉妬してしまうこともあるし、憧れることもある。

自分以外の人になろうとした経験は、人間一度はあるんじゃないかな。もしくは、何度も。笑

ありのままの自分でいる』。

自分らしく生きる』。

ありきたりなメッセージかもしれない。

でも、この曲” Thursday “を聞いて、歌詞を見ると、

自分らしくいること』に勇気を与えてもらえると思う。

個人的には、凄く響いた歌詞だった。

実は、この曲には、Ed Sheeran (エドシーラン) とヒットメーカー Steve Mac が、作詞作曲に関わっている。

エドシーランは、自信のシングル以外に、めちゃくちゃたくさんの曲をプロデュースしてるソングライターだ。

出だしのギター部分は、エドシーランがアイディアを出した気がする。もしかしたら、弾いてるのもエドシーランかも?

実際は、どの部分を担当したのかはわからないが、特定の楽器に絞って耳を済ませたり、細かい音に注目したりして聞くと、また違った角度で、同じ曲を楽しむことができる。

関連記事 : 『歌詞・和訳』: Jess Glynne – I’ll Be There



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です