『歌詞・和訳』: Alan Walker – Diamond Heart




Alan Walker (アランウォーカー) の新曲” Diamond Heart “の歌詞を和訳。

スウェーデンのシンガー Sophia Somajo をフューチャリングしている。

Alan Walker のミュージックビデオ三部作『World Of Walker』が、遂に幕を閉じる。

最終章を飾ったのは、Tomorrowland (2017年の夏) にて、初披露され、2017年の12月に、来日した際も披露していた曲” Diamond Heart “だった。

少し予想はしていたが、リリースされたバージョンの方が凄く良くなってた!

歌詞の和訳の下に、『この曲が、公式に、リリースされるまでのストーリー』を書いてるので、興味のある方は、そちらも是非

Alan Walker – Diamond Heart ft. Sophia Somajo

ila 和訳

[ Verse 1: Sophia Somajo ]

Hello sweet grief

こんにちは, 甘く
深い悲しみよ

I know you will be the death of me

あなたは死ぬ程
私を悩ませる

Feel like the morning after ecstasy

エクスタシーを感じた
次の日の朝のように

I am drowning in an endless sea

私は果てしない
海の中で溺れてる

Hello old friend

こんにちは, 古き友よ

Here’s the misery that knows no end

終わりなき苦悩がここにある

So I am doing everything I can

全力を尽くしてる
自分にできることを

To make sure I never love again

もう二度と自分が愛さないと

確かめるために

[ Pre-Chorus: Sophia Somajo ]

I wish that I did not know
Where all broken lovers go

知らなければいいのに

傷ついた恋人がみな
向かっていく先を

I wish that my heart was made of stone

もし自分の心が
石でできていたら

Yeah if I was bulletproof

私が防弾だったら

I’d love you black and blue
If I was solid like a jewel

あざだらけになっても
あなたを愛するのに

もし宝石のような
固体だったら

[ Chorus: Sophia Somajo ]

If I had a diamond heart

ダイアモンドハートがあれば

I’d give you all my love
If I was unbreakable

あなたに私の全ての愛を
もし私が壊れないなら

If I had a diamond heart

ダイアモンドハートがあれば

You could shoot me with a gun of gold

あなたに金の銃で
撃たれてもいい

If I was unbreakable

私が破れないのなら

[ Post-Chorus: Sophia Somajo ]

I’d walk straight through the bullet

銃弾を通り抜けて
まっすぐ歩くだろう

Bendin’ like a tulip

チューリップのように
カーブを描きながら

Blue-eyed and foolish
Never mind the bruises

青い目と愚かさで
あざを全く気にせずに

Into the fire

炎の中へ

Breakin’ through the wires
Give you all I’ve got

ワイヤーの中を突破して
あなたに私の全てを

If I had a diamond heart

ダイアモンドハートがあれば

I’d walk straight through the dagger

その苦しみを通り抜けて
まっすぐに歩くだろう

Never break the pattern

パターンを打ち破ることはない

Diamonds don’t shatter
Beautiful and battered

ダイヤモンドは粉砕しない
使い古された美しさで

Into the poison

毒の中へ

Cry you an ocean

あなたのために
思いっきり泣いて

Give you all I’ve got

私の全てを与えるわ

[ Verse 2: Sophia Somajo ]

Goodbye, so long

さようなら
また会う時まで

I don’t know if this is right or wrong

これが正しいのか
間違ってるのか

私にはわからない

Am I giving up where I belong?
’cause every station is playing our song

私は諦めてるの?
自分の居場所を

あらゆるステーションで
私たちの歌が流れてるから

Goodbye my love

さようなら, 私の愛よ

You are everything
My dreams are made of

私の夢は全部
あなたのおかげ

You’ll be Prince and
I’m the crying dove

あなたはプリンスになって
私は鳩の声で泣くだろう

If I only were unbreakable

私だけ破れないのなら

[ Pre-Chorus: Sophia Somajo ]

I wish that I did not know
Where all broken lovers go

知らなければいいのに

傷ついた恋人がみな
向かっていく先を

I wish that my heart was made of stone

もし自分の心が
石でできていたら

Yeah if I was bulletproof

もし私が防弾だったら

I’d love you black and blue
If I was solid like a jewel

あざだらけになっても
あなたを愛するのに

もし宝石のような
固体だったら

[ Chorus: Sophia Somajo ]

If I had a diamond heart

ダイアモンドハートがあれば

I’d give you all my love
If I was unbreakable

あなたに私の全ての愛を
もし私が壊れないなら

If I had a diamond heart

ダイアモンドハートがあれば

You could shoot me with a gun of gold

あなたに金の銃で
撃たれてもいい

If I was unbreakable

私が破れないのなら

[ Outro: Sophia Somajo ]

I’d walk straight through the bullet
Bendin’ like a tulip

銃弾を通り抜けて
まっすぐ歩くだろう

チューリップのように
カーブを描きながら

Blue-eyed and foolish
Never mind the bruises

青い目と愚かさで
あざを全く気にせずに

Into the fire

炎の中へ

Breakin’ through the wires
Give you all I’ve got

ワイヤーの中を突破して
あなたに私の全てを

If I had a diamond heart

ダイアモンドハートがあれば

I’d walk straight through the dagger

その苦しみを通り抜けて
まっすぐに歩くだろう

Never break the pattern

パターンを打ち破ることはない

Diamonds don’t shatter
Beautiful and battered

ダイヤモンドは粉砕しない
使い古された美しさで

Into the poison

毒の中へ

Cry you an ocean

あなたのために
思いっきり泣いて

Give you all I’ve got

私の全てを与えるわ

If I had a diamond heart

私にダイヤモンド
ハートがあれば

失恋による悲しみを「古代的」かつ「芸術的」に、表現した歌詞

因みに、歌詞の中で、「You’ll be Prince and I’m the crying dove」という部分があるが、

これは、伝説のシンガー Prince (プリンス) の” When doves cry “という曲から、きてる。

アランウォーカーは、Avicii (アヴィーチー) のように、音楽だけで、独特な世界を創ることができる。

そこが、彼の大きな魅力の1つだと思う。

独特過ぎて、どのアーティストも、彼のような音楽を作れない。

僕は、” Diamond Heart “の完成バージョンを聞いた時に、ボーカルの歌声が、Sia (シーア) に、凄くそっくりにだなぁと感じた。

ちょっとそういうイメージで歌おうとしたのかなぁと思っていたが、

なんとなく調べてみると、面白い情報を発見したので、共有したいと思う。

” Daimond Heart “が、公式に、リリースされるまでの『ストーリー』

実は、この曲” Daimond Heart “。

アランウォーカーが、最初から最後まで作ったわけではなく、

元々のデモは、世界的に人気で有名なシンガーソングライター Sia (シーア) が、作曲したらしい。

シーアは、そのデモを David Guetta (デイヴィッドゲッタ)、そして、Alan Walker の超絶ヒット曲” Fadedを共作した Mood Melodies (Anders Frøen)Jesper Borgen に送った。

*Mood Melodies (Anders Frøen) と Jesper Borgen の2人は、この動画の 4:06〜5:00 に登場して、Faded が生まれた背景を語ってる。*

それで、Alan Walker に渡り、最終的に、彼のシングルとして、公式に、リリースされた。

作品って、完成するまでに、色んな旅をする。

人ではなく、作品を主人公として捉えると、もともと、完成形というのがあって、それを手助けするのが、アーティストの役目なのかもしれない。

音楽においても、絵画においても、小説においても。

関連記事 : [ilaの解説付き] : Alan Walker の『意味深』なミュージックビデオは、全三部作!?

関連記事 : Alan Walker の来日ライブに、行ってきた!(12/14 @東京)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です