[ilaの解説付き] : Alan Walker の『意味深』なミュージックビデオは、全三部作!?




Alan Walker (アランウォーカー) が、これまでに公開したミュージックビデオを見て、『ストーリー性がある』し、『意味深』だなぁと思った人は、多いと思う。

実は、『World Of Walker』という題で、全三部作の物語になっている

しかし、全てのミュージックビデオではなく、『Tired』,『All Falls Down』,『Darkside』の3曲のみ。

因みに、

  1. Tired (プロローグ)
  2. All Falls Down (エピソード1)
  3. Darkside (エピソード2)
  4. ???(エピソード3)

という流れ。

アランウォーカーは、最新曲” Darkside “をリリースした時に、全三部作だと、アナウンスしていた。

だから、おそらく、エピソード3のミュージックビデオも、ほぼ出来上がってるんじゃないかな。

早ければ、秋頃 (10月, 11月あたり) にリリースされるかもしれない。

この記事では、これまでのストーリー (プロローグからエピソード2) の”内容・映像”を文章にしてみた

たぶん、見た人によって、気がつくところや目につくところは、違う。

だから、僕の目に、どう映ったのかしか、僕は書くことが出来ない。

一つの参考になればいいなぁと思う。

*パソコンで見ると、「動画」と「下の文章」を照らし合わせられるので、わかりやすいかも*

1. Tired (プロローグ) 和訳へ

何者かによって、街が壊されている。

それと同時に、黒い服を着た Walkers (アランウォーカーと同じ格好をした人達) が、何か動き始める。

何かの箱は、「No Connection」の表示のまま。

街中がパニックな中、Walkers は、自分たちの基地のようなところで、何かの作業をしてる。

ミュージックビデオの最初の方で、Walkers の女性の1人が、街中でゲットしたディスクが、秘密基地へ届く。

そのディスクを箱のある場所に埋め込むと、「No Connection」から、「Connected」へ変わる。

そして、秘密基地内の電気が、回復。

Time Before Impact』の時間が、「00:00:00」になり、街中の明かりが、全て消える。

ここで、ミュージックビデオは、終わり。

「To Be Continued」へ

2. All Falls Down (エピソード 1) 和訳へ

真昼間に、Walkers は、地面に穴を掘って、何かを探してる模様。

夜になってもその作業が続き、『鉄で出来た Alan Walker のロゴマーク』を見つける。

その鉄で出来た棺桶みたいなやつを溶接して、蓋をあける。

すると、『World Of Walker の円盤』と『鉄で出来た Alan Walker のロゴマーク』が、3つ入ってる。

黒い服と黒いマスクを着用する。

夜になると、今度は、白い洋服を着て、白いマスクをした3人が、アジトに現れる。

因みに、この3人の白衣を着た人に、Walkers は、誰も気がついた人はいなかった。

実をいうと、この3人は、あの円盤の中に、描かれてるというか、刻まれてる

左上の扇形の部分に。

そして、この円盤には、何やら、ミュージックビデオのストーリーが刻まれてるみたい。

(各ミュージックビデオの所々で、この円盤の一部が映される。)

朝になり、Walkers の目が覚めると、マントがぶら下がっていて、そのマントに、3D映像が、映される。

あの『Alan Walker の鉄で出来たロゴ』は、立体的になることが、マントに映った映像からわかる。

それを知った Walkers が、『Alan Walkerのロゴの形をした鉄』を一斉に投げると、立体的なのロボットにな理、空を飛んだ。

その様子を遠くから、白い服を着た3人が、眺めてる。

ここで、エピソード1は、終わり

3. Darkside (エピソード 2) 和訳へ

白衣を着た3人が、すごく綺麗な自然の中で、何かしてる。

すると、途中で白い旗に、何かの映像が、反映され、その場所へ歩いていく。

しばらく歩き、旗に映し出された建物の前に辿り着くと、白衣を着た3人のうちのリーダー的な人が、Alan Walker のロゴのやつを投げる。

そしたら、そのロゴのやつは、立体的なロボットになり、青い光を放って、すごい岩がもっとすごくなる。笑

それを少し離れた背後から、見てる Walkers も、びっくり仰天。

白衣を着た人たちの行動を見て、あの小さいロボットは、手の力でコントロールできることを知る。

秘密基地で試してみると、うまくいく。

すると、あの黒いマントに、ビジョンが映る。

そこへ Walkers は、おもむき、ビジョンに映った建物の前に来ると、白衣を着た人達の真似をする。

そして、建物に青い電気を帯させる。

(この行動が何を意味してるのか、僕にはわからない)

そして、Walkers と白い服を着た人たちは、山を登り、お互い旗を持ちながら、ある場所で落ち合う。

何をするかと思ったら、あのロボットを空に投げ始める。

そのロボットは青い光で、何かシンボルを何個か空間に映し出す。

(みんなで、ロボットを空に投げるシーンは、円盤に描かれてるみたい。)

ここで、エピソード2は、終わり

番外編. ” Darkside ” (リアクション・ビデオ)

この動画は、アラン・ウォーカーが、” Darkside “のミュージックビデオを YouTubeで公開する前に、何人かのファンに見せ、そのリアクションを撮ったもの。

翻訳

*本当は、動画に翻訳をつけたかったけど、それは出来ないので、ファンがどんなことを語っていたのか、全体的に把握するために役立てば嬉しい*

[白T女性]

I’m about to watch Alan Walker’s new music video from his new single “Darkside”.

これから、アラン・ウォーカーの新曲” Darkside “のミュージックビデオを見るところよ。

Alan Walker!

アラン・ウォーカー!

Beautiful scenery!

美しい景色ね!

[若い男性]

Nice Shots.

良い映像だね。

Where was this shot?

どこで、この映像を撮ったんだい?

[白いT女性]

It’s funny how the men are in white when it’s about the darkside.

ダークサイドについてなのに、白い格好をした男たちがいるのは、面白いわね

That’s cool.

クールね。

Ok, the black side seems so much more fun.

ブラックサイドの人達の方が、すごく楽しそうだわ。

[若い男性]

It’s really cool. I still don’t know what’s going on, though.

すごいクールだね。いまだに何が起こってるのかよくわかってないけど。笑

[中年の男性]

Very cool drones.

かっこいいドローンだ。

Ok, so they throw the robots and they start flying.

オッケー、えっと、

ロボットを投げたら、飛び始めたね

It’s kinda like Star Wars.

スターウォーズみたいだ。

Little bit of Star Wars in there.

ミュージックビデオの中に、少しスターウォーズが…

Love the visual effects!

ビジュアル効果が良いね!

It’s pretty cool.

良い感じだね!

[中年の男性]

Seems to be king or something. (白い格好をした人に対して)

王様か何かかな

[若い男性]

and they got this cool flag that has these projections on it.

彼らは、クールな旗を持ってるね。それに何かが映し出されてる

[白いT女性]

Is there gonna be a fight?

争いになるの?

Oh, they made peace.

あら、和解したわ

[白いT女性]

I think made peace. that’s beautiful.

和解したんだと思う。素晴らしいわ

[若い男性]

The song is dope, though.

曲が素晴らしいね

〜ミュージックビデオを見終える〜

[白いT女性]

Perfect, I love it.

パーフェクトね。すごく良かったわ。

[女性]

I’m just speechless.

言葉に出来ないわ

it’s a fight between white and black.

白い服をきた人達と黒い服をきた人達(Walkers)の戦い。

[中年男性]

I see the whole story.

僕は、全部のストーリーを見たよ。

from the first Walker story, to now, the second one.

最初の” Tired “と2番目の” All Falls Down “も

It’s improving.

どんどん磨きがかかってるね。

People are getting home.

人々は、故郷へ帰っている。

and they obviously have a new city.

明らかに、新しい都市を作ってる。

[白T女性]

And Alan Walker’s logo is kind of…the entrance to it? Probably?

アランウォーカーのロゴは、そのエントランスに、必要なものなのかな? おそらく…

[中年の男性]

I think they have found the ruins of an old city, and build a new one.

たぶん彼らは、以前の都市が堕落して、新しいシティーを作ろうとしてるんじゃないかな。

[白いT女性]

I think you have a lot of room to interpret.

解釈の余地がたくさんあると思う

and that’s pretty cool.

そこが面白いわ。

I think i would want to be on the darkside too.

私もダークサイドになりたいわ

Think that’s the cool side.

そっち側がイケてると思う。

エピソード 3は、どうなる?

正直、全く予測がつかない

だから、楽しみだ!笑

ila 的な感想

アラン・ウォーカーは、DJ として、デビューする前に、『グラフィックデザイン』にハマっていて、3DCGもできるみたいなのだが、

僕は、その経験が、ミュージックビデオに活きてるなぁと感じた。

そして、僕個人の勝手な予想だと、

この『World Of Walker』のミュージックビデオのストーリーの軸は、

古い堕落した街を破壊して、新しい世界を創ること』だと思う。

(上の動画に出てきたファン[中年の男性]と僕の意見は同じ。)

これは、地球の歴史によく見られることで、多くの文明は、『栄え、堕落し、滅びる。』という道を辿る。

それを表現してるんじゃないかな?

あと、なんかよくわからないけれど、個人的に、アランウォーカーって、『アトランティス』のイメージがある。

アトランティスって、あの古代文明のことだけど、アランウォーカーのルーツは、そこにある気がする。

(超根拠のない偏見だけど。笑)

最後に

もう Alan Walker (アランウォーカー) は、YouTube の登録者数が、1600万を突破した。

僕が知るアーティストの中では、最も速い速度で、ファンが増え続けている。

彼は、作る曲も独特で、独自の世界観があり、歌詞も、薄っぺらくない。

そして、ミュージックビデオも、ストーリー性がある。

Alan Walker は、物語を持ったアーティストだ

それが、彼の大きな魅力の1つだと思う。

おそらく、今年の後半か、来年には、アルバムをリリースするんじゃないかな。

まだ、公式なアナウンスがないからわからないけど、とにかく、これからも、非常に楽しみ!

こちらの記事も、合わせてどうぞ

『歌詞・和訳』: Alan Walker – Darkside ft. Au/Ra & Tomine Harket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です