Avicii を影で支えてた、凄腕の音楽プロデューサー Carl Falk とは!?




Carl Falk

Avicii (アヴィーチ) のインスタグラムのストーリーをよくチェックしていた人や、アヴィーチが、2016年の3月に行っていたアメリカ横断のライブ映像を見ていた人は、顔を見たことがあるかもしれない。

*アメリカ横断時の写真*

上の写真では、1番左手にいるギターを持っているのが、Carl Falk

1980年、スウェーデン, ストックホルムに生まれた、現在37才のソングライターだ。

Carl falk

彼は、表向きのアーティストではなく、裏方として、活躍してる。

だから、一般的には、ほとんど知られてない。でも、かなり実力派な凄腕音楽プロデューサーで、海外の音楽業界の中では、名が知られてる。

Avicii

アヴィーチーとは、『セカンドアルバム” Stories “の制作から、亡くなる直前まで』、共に音楽を作っていた。

アヴィーチが、自身のインスタグラムのストーリーやYouTubeで公開したスタジオでの様子をみていると、Carl の凄さが伝わってくる。

Carl は、アヴィーチーが、求めてるものを正確な音で再現したり、実際に楽器を弾きながら、アイディアを提案したりしていた。

Avicii は、自分が求めてるものを正確にわかってるが、それを再現するのは、かなり大変だったろうなと思う。

でも、曲作りをすごい楽しんでる感じが伝わってくる。

One Direction

Carl Falk が、アヴィーチと出会う前は、

One Direction (ワンダイレクション) の全盛期も支えていた。

ワンダイレクションは、エドシーランなど、裏で、たくさんの人のサポートがあったが、

間違いなく、楽曲面において、ワンダイレクションに大きく貢献したソングライターの1人だ。

それ以外にも、Madonna (マドンナ), Demi Lovato (デミロバート),

Nicki Minaj (ニッキーミナージュ),

Ellie Goulding (エリーゴールディング), Ariana Grande (アリアナグランデ),

Charlie Puth (チャーリープース), Jason Derulo (ジェイソンデルーロ).

などなど、人気アーティストの楽曲を色々手掛けてきた。

では、具体的に、彼がどんな曲をプロデュースしたのかを見ていこう。

1. Carl Falk が、Avicii とプロデュースした曲

1-1. Avicii – Without You ft. Sandro Cavazza

2016年 Ultra Miami (大人気フェス), Avicii (アヴィーチ) のライブセットのイントロ&1曲目で、初披露された” Without You “。

すぐにアヴィーチファンの間で、話題になったシングルだが、1年半後の2017年の夏にリリースされた。

“Without You”の作曲風景

Carl は、ピアノも弾くが、特にギターが得意。2人のコンビネーションは、抜群だ。

Carl の存在なしに、” Without You “の制作がスムーズに進むことはなかったと思う。

1-2. Avicii – Broken Arrows

アヴィーチのセカンドアルバム” Stories “の収録曲の中で、最も人気だった曲の1つ” Broken Arrows “。

カントリーシンガー Zac Brown Band をフューチャリングしていて、第2の” Wake Me Up “と言われたシングル。

明るくポジティブなメロディーが、聞く人の気分を変えてくれる。

1-3. Avicii – Sunset Jesus

実は、この曲にも、Carl Falk は、関わっている。

” Sunset Jesus “という曲は、元々、” Attack “という曲というボーカルなしのシングルだった。

それが、” Without You “を歌ってる Sandro Cavazza をボーカルに招き、彩られ、完成した。

Avicii – Attack

” Attack “というインストルメンタルの状態から、” Sunset Jesus “の状態まで、仕上げるなんて、アヴィーチは、正直、恐ろしい根性の持ち主だ。

かなり苦労した1曲だったと思う。

1-4. Avicii – Trouble

ID (Milion Miles) という仮タイトルで知られていたシングル。

当時は、ボーカルが、LP というシンガーだったが、「Trouble」という曲名に変わり、シンガーも、Wayne Hector になった。

このギターの部分は、Carl Falk が、担当したと思われるが、本当に素晴らしい。

「Trouble」は、ギター、メロディー、歌詞、歌声、全て最高な1曲だ。

2. Calk Falk が手掛けた、大人気曲

2-1. Tiësto – Red Lights

かなり意外だが、Tiesto (ティエスト) の代名詞の1つとも言える” Red Light “も、Carl Falk は、手掛けてる。

ティエストは、キャリアも長く、これまでに、100曲以上も、曲をリリースしてる。

彼は、時代の変化に柔軟に適応していくアーティストで、今までいろんな音楽を披露してきた。

僕は、その中でも、「A Town Called Paradise」というアルバムのサウンドが、1番好きなのだが、” Red Light “は、そのアルバムの1曲目に収録されている。

このアルバムは、すごく良いから、是非、おすすめしたい。

2-2. Ariana Grande – One Last Time

アリアナグランデが、今までにリリースしてきた曲の中でも、人気で、アーティストからも評価の高いシングルの1つ” One Last Time “。

POPミュージックの鏡・手本になるくらい素晴らしいシングルだと思う。

2-3. Nicki Minaj – Starships

クラブによく行く人は、きっと一度は、耳にしたことあるんじゃないかな。

特に、この曲” Starships “のサビは、超有名だ。

3. 実は、ワンダイレクションのこんな曲を手掛けてる…

3-1. One Direction – One Thing

ワンダイレクションが、今までリリースした曲の中でも、” One Thing “を好きな人は、多いんじゃないかな。

3-2. One Direction – Live While We’re Young

数年前、よくこの曲を聞いていた。懐かしい…

3-3. One Direction – What Makes You Beautiful

ワンダイレクションが、ここまでヒットしたのは、アイドル性だけじゃなく、曲が良かったのが大きいと思う。

歌が良かった!

3-4. One Direction – Kiss You

ワンダイレクションのメンバーだけでなく、音楽プロデューサーも、すごく優秀だったと思う。

ここには載せていないが、

Carl Falk

1Dの” Change My Mind “, ” Happily “, ” Heart Attack “, ” Last First Kiss ” I Wish “, ” Back For You “なども、

Carl Falk は、プロデュースしてる。

4. 最近では、5SOSのアルバム” Youngblood “を…

4-1. 5 Seconds Of Summer – Moving Along

現在、世界中で、大ヒットしている 5 Seconds Of Summer (ファイブセカンドオブサマー) のアルバム” Youngblood “。

その収録曲である” Moving Along “, ” Talk Fast “, ” When You Walk Away “, More “, ” Empty Wallets “を Carl Falk は、担当してる。

Carl は、1年半くらい、このアルバム制作に携わっていたらしい。

ちなみに、このアルバム” Youngblood “は、かなり素晴らしいアルバムなので、是非、聞いた方がいい

特に、” Want You Back “, ” Youngblood “, ” Lie To Me “, ” Ghost Of You “, ” Moving Along “は、超オススメ!

ここまで、Carl Falk が、プロデュースした曲を10曲ちょっと紹介してきた。

たくさんあって、1つ1つ聞くのは大変だと思うので、Spotifyで、1つのプレイリストにまとめてみた。

Avicii を支えた Carl Falk Musicというプレイリスト名で。

このプレイリストには、この記事で紹介できなかった曲もいくつか入れてるので、ぜひ、チェックしてみてほしい。

Spotify プレイリスト

最後に

ちょっと長くなってしまったが、どうだっただろう?

Carl Falk は、意外な曲も、プロデュースしていたと思う。

POP系や EDMが、好きな人は、1曲くらい知ってる曲をプロデュースしてたんじゃないかな。

Carl は、Avicii のまだリリースされてない新曲やデモを多く持っている。

Avicii (アヴィーチー) は、Carl のことを実力的にも、人間的にも、すごく信頼していたように感じる。

アヴィーチーが、亡くなる直前まで取り組んでいたアルバムを完成させるために、Carl Falk は、重要なキーを握ってると思う。

Avicii のプロジェクトはもちろんだが、今後の他のアーティストとの活動も、すごく楽しみだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です