『和訳』: HUMAN – GHOST (Avicii 作詞)




Avicii が、数年前にプロデュースした曲『Ghost』、遂にリリース!」でも、紹介した曲を和訳

Avicii (アヴィーチ) の作詞センスは、半端ない。詩人としても、食べていける。

Avicii が、作詞した曲を和訳するのはすごく好きだ。詩的過ぎて、いつも理解するのが難しいが、やり甲斐がある。

この曲の表向きのアーティスト名「HUMAN」だが、中身の歌は、普通に、アヴィーチのシングルという感じ。

質も高いし、アヴィーチのシングルを聞いてる気分になる。

因みに、「HUMAN」とは、Daniel Adams-Ray (ダニエル・アダムス・レイ) というスウェーデンのシンガーの別名義だ。

作詞は、アヴィーチとダニエルによる共作だ。

HUMAN – GHOST

ila 和訳

[ Verse 1: Daniel ]

僕が、”よう!” と言うと
彼女は、”ハイ!” と言った

僕が、”いいね”と言うと
彼女は、”じゃあね”と言った

そして, 僕の人生から
彼女は出ていった

僕は仕事に戻るけど
彼女が頭から離れない

彼女は納得いくものを
残さなかったから

生きてる気がしなかった
そのことを受け入れるまで

落ち込みながら
地に足がつかない

[ Pre-Chorus: Daniel ]

何も感じれない
眠ることもできない

どうしたらいいかわからない
状況をうまく理解できない

でも, お酒を飲むときや
タバコを吸うときは

君を感じられる

[ Chorus: Daniel ]

君の記憶が僕を悩ませる
僕に前へ進んで欲しいよね

わかってる, でも

僕はまだ君の魂に恋してる
生きるのがすごく苦しい

まだ君の魂に恋してるから
まだ君の魂が好きなんだ

[ Verse 2: Daniel ]

彼女が、”いいね”と言うと
僕は、”別れないで”と言った

付き合ってた頃のように
彼女を抱きしめようとした

懐かしい思い出を追い払う

まだ始まってない将来の
痛みを覚えておくため

[ Pre-Chorus: Daniel ]

何も感じれない
眠ることもできない

どうしたらいいかわからない
状況をうまく理解できない

でも, お酒を飲むときや
タバコを吸うときは

君を感じられる

[ Chorus: Daniel ]

君の記憶が僕を悩ませる
僕に前へ進んで欲しいよね

わかってる, でも

僕はまだ君の魂に恋してる
生きるのがすごく苦しい

まだ君の魂に恋してるから
まだ君の魂が好きなんだ

[ Bridge: Daniel ]

前に進むと君に約束した
僕はトライしたんだ

でも, 君が去ったとき
僕たちは終わったんだ

影や通りの光が衝突すると
君が僕の側にいる感じがする

[ Chorus: Daniel ]

君の記憶が僕を悩ませる
僕に前へ進んで欲しいよね

わかってる, でも

僕はまだ君の魂に恋してる
生きるのがすごく苦しい

まだ君の魂に恋してるから
まだ君の魂が好きなんだ

僕はまだ君に恋してる

うまくいかなくなった原因がまだわからず、まだ彼女のことが好きで、前に進めない失恋ソングだ。

まだ忘れられない状況を表現した歌詞が、また詩的で、素晴らしい。

Avicii と Daniel Adams-Ray が、曲作りしてる様子

Avicii (アヴィーチ) が、つい先日、自身のインスタグラムのストーリーで、公開した約45秒の動画。

アヴィーチがまだ、げっそりしてる数年前の映像になっている。

アヴィーチの『ドキュメンタリー映画』を見たときも思ったけど、

スタジオで曲作りしてる時に流れる曲が、どれも素晴らしすぎる!

関連記事 ⇒ Avicii が、数年前にプロデュースした曲『Ghost』、遂にリリース!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です