2018年は、『ありのままの自分で生きる』ことが、より重要な年になる!?




出典 : facebook

僕は、このブログで、自分の気になった曲 すごく良いなぁと感じた曲 和訳している。

2018年に入り、既に何十曲か和訳してきたが、その中で、1つ感じたことがあるので、ここに書きたいと思う。

この記事のタイトルを見たら、わかると思うが、それは、

ありのままの自分で生きる』というメッセージが、込められた歌が多いということ。

別に、今までにも、そういうメッセージの込められた歌は、なかったわけではない。

だが、全然違ったアーティストが、立て続けに、そして、同じくらいの時期に、同じテーマの歌詞の曲をリリースしてるのは、少し珍しいなぁと思う。

僕が、和訳した曲の中で、『ありのままの自分を生きろ』というメッセージが込められた曲は、4曲あるのだが、

それぞれ、微妙にニュアンスが違うので、個別に見ていこう。

This Is Me

映画「グレイテストショーマン」の主題歌になっている「This Is Me」。

この歌は、「世の中で、普通だと思われてる人と違う人」に向けたメッセージソングである。

そもそも、世の中に普通の人なんていないので、この歌は、「みんな」に向けたメッセージだ。

社会というのは、こういう人が普通で、こういう人は普通じゃないという思い込みに囚われた世界でもある。

その社会にとって、普通な人を肯定し、普通でない人を排除しようとする働きがある。

そういう世の中であるが、自分の欠点を隠す必要はない。

これがありのままの私なの (This Is Me)』と本当の自分を受け入れて、

自分らしく生きていく姿勢が、この歌には、表現されている。

『和訳』: This Is Me (映画 “グレイテスト・ショーマン” のサウンドトラック)

The Chainsmokers – Sick Boy

なかなかディープな意味が歌詞に込められてる『Sick Boy』。

チェインスモーカーズが、経験した「自己不信」をベースに作られてる。

自分が周りにどう思われるかなど気にして、自分を偽って生きるのではなく、これが、ありのままの自分だ

自ら、「I am the sick boy (僕は、変人だ)」と語ることで、

本当の自分を受け入れていこうとするチェインスモーカーズの姿勢が、表れている。

The Chainsmokers が、『Sick Boy』の歌詞に込めた「本当のメッセージ」とは?

Don Diablo – Everybody’s Somebody

曲名である「Everybody’s Somebody」は、「みんなすごい人だ」という意味。

Don Diablo (ドン・ディアブロ) は、自分のもとに、ファンから、たくさんのメッセージが、届くようだ。

『人生で途方に暮れていたときに、あなたの音楽が助けになった』と。

そして、この歌は、彼らのような「自分のアイデンティティを捜してる人」に向けた曲だと語ってる。

みんなすごい人だ。誰一人として、取るに足らない人はいない。

人生は、他人が期待するものになることじゃない

君が絶対に達成出来ないかもと感じるようなことでもない。

人生とは、本当の自分を受け入れること

そして、個人的な成功を誇りに思うことだ。

『和訳』: Don Diablo – Everybody’s Somebody ft. BullySongs

Topic & Ally Brooke – Perfect

この曲に添えられた Ally Brooke (アリー・ブローク) のメッセージが、素晴らしかったので、一部共有したいと思う。

私は、最高の気分を味わうときもあるし、かなり自信があるときも、すごく幸せを感じることもある。…

でも、時々、太陽の光が、雲に遮られるときは、この曲『Perfect』の歌詞のように感じる。

恐れ、孤独、悲しみ、十分に満たされてない。

(中略 …)

あなたがありのままの自分を受け入れて、育んだとき、驚くべきことが起こる。

私は感謝しているわ。

あなたは美しい
あなたはそのままでいい
あなたは素晴らしい

という、私の内側からの囁き (ささやき) に。

この歌は、『自分が、本当の自分を受け入れようとする』曲になっている。

『和訳』: Topic & Ally Brooke – Perfect

「ありのままの自分で生きること」は、社会からの『サイン』!?…

2018年になって、『ありのままの自分で生きる』ことをメッセージにした曲が、

何曲もリリースされたということは、

社会からの『サイン』だとも、捉えることができる。

(社会なのか、地球なのか、宇宙なのか、よくわからないが。)

ただ、『ありのままの自分で生きること』は、いつの時代でも重要であると思うので、

2018年は、自分らしく生きることが、より重要である』という風に、受け取ることができる。

人それぞれ、捉え方は、あると思うが、

僕は、自分が、何をしてるかではなく、『どういう状態でいるのか』が、より大切なのではないかと思ってる。

他人になろうとせずに、自分らしく生きること

そのためには、まず、

自分を知り

自分自身 (欠点も含めて) を愛し (受け入れ) 、

自分自身でいる (自分らしく生きる) こと

英語でいうと

Know yourself

Love yourself

Be yourself

僕は、この3つが、大切になるんじゃないかなぁと思ってる。

でも、自分らしく生きるということは、簡単じゃない。

自分らしさを履き違えてしまうこともある。

それに自分を知ることにも、時間がかかる。

だから、あせる必要は全くない。

ただ、『ありのままの自分で生きる』ということを

頭の片隅に置いておく、くらいの感じでもいいと思う。

自分を見失ったとき

ありのままの自分でいることに勇気を持てないときは、

この記事に載せた4曲が、あなたを勇気付けてくれるはずだ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です