『和訳』: Don Diablo – Everybody’s Somebody ft. BullySongs




この曲、めちゃ良いぜよ。

Don Diablo (ドン・ディアブロ) の待望のアルバム「Future」。

これに収録されている” Everybody’s Somebody “の歌詞を和訳。

ドン・ディアブロが、これまでにリリースした曲の中で、この曲が、1番好きかもしれない。

歌ってるのは、BullySongs。EDM の曲をよく歌ってるシンガーだ。

Don Diablo – Everybody’s Somebody ft. BullySongs

ila 和訳

[ Verse 1 ]

平凡な人生じゃない
僕たちは学ばないから

どれだけ一生懸命やっても

唯一の人になろうとして
プライドが邪魔になる

でも, 僕は負けないよ
僕には分かってるから

[ Chorus ]

みんなすごい人だ

取るに足りない人なんて
この世に一人もいない

そう, みんなすごい人だ
僕がなりたいのは …

みんなすごい人だ

取るに足りない人なんて
この世に一人もいない

そう, みんなすごい人だ

僕は君にとっての
特別な人になりたい

[ Post-Chorus ]

君にとっての, 特別な人に

僕は君にとっての
特別な人になりたい

[ Verse 2 ]

君が1本の線上を歩こうとすると
僕は必死で生き延びようとする

君は前を見て歩かなくちゃ
顔を上げて, 下を見ずに

振り返っても
走ってもダメだ

君がなりたいものを
僕はもう分かってるから

僕にはもう君が見える
僕にはわかるんだ

[ Chorus ]

みんなすごい人だ

取るに足りない人なんて
この世に一人もいない

そう, みんなすごい人だ

僕は君にとっての
特別な人になりたい

[ Post-Chorus ]

君にとって, 特別な人に

僕は君にとっての
特別な人になりたい

[ Bridge ]

みんなすごい人だ

取るに足りない人なんて
この世に一人もいない

みんなすごい人だ

僕は君にとっての
特別な人になりたい

[ Chorus ]

みんなすごい人だ

取るに足りない人なんて
この世に一人もいない

そう, みんなすごい人だ

僕は君にとっての
特別な人になりたい

みんなすごい人だ

取るに足りない人なんて
この世に一人もいない

そう, みんなすごい人だ

僕は君にとっての
特別な人になりたい

[ Outro ]

僕にはわかるんだ

みんなすごい人だ

取るに足りない人なんて
この世に一人もいない

そう, みんなすごい人だ

僕は君にとっての
特別な人になりたい

Everybody’s somebody and nobody’s nobody

歌詞のメインメッセージであり、簡単な単語であるが、

僕がこの歌詞の中で、最も和訳に困ったフレーズだ。笑

僕は、

みんなすごい人だ

取るに足りない人なんて
この世に一人もいない

と訳した。

因みに、『Somebody』には、「誰か」という意味以外に、『重要な人・ひとかどの人』という意味がある。

一応、補足しておくと、『取るに足りない人』というのは、『つまらない人・才能のない人』という意味。

つまり、「Somebody」と「Nobody」が、対比されてる感じになっている。

また、歌詞の中に、何度か「somebody to you」と出てくるが、

この「you」は、「ドン・ディアブロのファン」を指してると思う。

ファン思いの強いドン・ディアブロらしい歌詞だ。

ミュージックビデオの最後に、表示される素敵な『メッセージ』

Life is not about what others expect you to be.

人生は、他人が期待するものになることじゃない。

or what you feel you might never achieve …

君が絶対に達成出来ないかもと感じるようなことでもない。

it’s about accepting who you truly are

人生とは、本当の自分を受け入れること。

and being proud of your own personal achievements.

そして、個人的な成功を誇りに思うことだ。

− Don Diablo (ドン・ディアブロ)

上の文章は、ミュージックビデオの最後に表示されたものだが、

それよりも、もっと詳しい説明が、SoundCloud 上にあったので、そちらも『翻訳』している。

I have been getting so many letters from fans that literally feel lost in this world. When they tell me my music gives them comfort and shines a light in a dark tunnel inside their head it literally makes everything I do worth while. Sometimes it feels like the outside world wants you to act a certain way, look a certain way and this can put a lot of pressure on your shoulders. Others may appear to be better looking and more successful, which can create dark clouds in your head.

自分の元に、生きていて、途方に暮れたファンから、本当にたくさんのメッセージが届く。

みんなから、「僕の音楽が安心を与えてくれ、暗いトンネルの中に、光を与えてくれる」

と言われると、僕の仕事の全てが価値あるものになる。

時々、外側の世界が、特定のやり方を望んでるように感じることがある。決まったやり方で、やるようにと。

そして、これは、大きな重荷になり得る。

自分以外の人が、よりよく見えたり、よりうまくいってるように見えるかもしれない。

それは、君の頭の中に、暗雲を創り出すこともあるだろう。

This single is an anthem for those who are searching for their identity and the statement is simple: everybody’s somebody, nobody’s nobody. Life is not about what others expect you to be, or what you feel you might never achieve, it’s about accepting who YOU truly are and being proud of your own personal achievements.

この曲は、「自分のアイデンティティを捜してる人」に向けたアンセムだ。

僕の声明は、シンプルで、

みんなすごい人だ。誰一人として、取るに足らない人はいない。

人生は、他人が期待するものになることじゃない。君が絶対に達成出来ないかもと感じるようなことでもない。

人生とは、本当の自分を受け入れること。そして、個人的な成功を誇りに思うことだ。

アルバム「Future」も、かなりおすすめ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です