『和訳』: Hailee Steinfeld & BloodPop – Capital Letters (映画”Fifty Shades Freed”のサントラ)




女優も歌手もこなす Hailee Steinfeld (ヘイリー・スタインフェルド) が、歌う” Capital Letters “の歌詞を和訳

Justin Bieber の大ヒット曲” Sorry “を手掛けた BloodPop (ブラッドポップ) が、曲をプロデュースしていて、

映画『Fifty Shades Freed (フィフティー・シェイズ・フリード)』のサウンドトラック(サントラ)になっている。

ヘイリーは、派手さがなくて、目立つタイプではないけれど、歌手として、かなり才能があると思う。

このミュージックビデオに出てくるヘイリーが、なんか輝きすぎてて、眩しい。笑

彼女を見ていると、「自分で、本当の自分らしさをよくわかっていて、ありのままの自分を愛してる人だなぁ」と感じる。

Hailee Steinfeld & BloodPop – Capital Letters

ila 和訳

[ Verse 1 ]

リーダーだった
ことは一度もない

おとぎ話のようなことも
今まで経験したことない

信者という訳でもない

Nah No

聖歌隊の中の小さな声

今まで思い切って

自分を知ろうとした
ことはなかったと思う

ドキドキを落ち着かせた

No

[ Pre-Chorus ]

そしたら, あなたがいた
(そしたら, あなたがいた)

あなたが私の目の前に

人混みから私を連れ出して
あなたは本音を伝えてくれた

(本音を話してくれた)

Yeah (yeah, yeah)

私も伝えたいことがあるの

あなたが教えてくれたから
出来ないことは何もないって

Yeah

[ Chorus ]

私は, はしゃぎたい
思いっきり楽しみたい

今まさに2人だけの世界へ
今まさに2人だけの世界へ

私たちは話し手を無視して
もう少しだけ, はっきりと

今まさに2人だけの世界へ
今まさに2人だけの世界へ

[ Post-Chorus ]

どんな運命になろうとも
あなたに捧げるわ

大文字で

[ Verse 2 ]

私たちは影の中に
裂け目を生んだ

あなたは教えてくれた

浅い場所で泳がずに
光になっても大丈夫だと

No, no

あなたとお酒を楽しみたい

私たちがじっとしていても

あなたは私が経験したことない
気持ちを味わわせてくれる

お互いに抱き締めながら

誰に見られようと
私たちは気にしない

[ Pre-Chorus ]

そしたら, あなたがいた
(そしたら, あなたがいた)

あなたが私の目の前に

人混みから私を連れ出して
あなたは本音を伝えてくれた

(本音を話してくれた)

Yeah (yeah, yeah)

私も伝えたいことがあるの

あなたが教えてくれたから
出来ないことは何もないって

Yeah

[ Chorus ]

私は, はしゃぎたい
思いっきり楽しみたい

今まさに2人だけの世界へ
今まさに2人だけの世界へ

私たちは話し手を無視して
もう少しだけ, 心に素直に

今まさに2人だけの世界へ
今まさに2人だけの世界へ

[ Post-Chorus ]

どんな運命になろうとも
あなたに捧げるわ

大文字で

[ Post-Chorus ]

大文字で

あなたに捧げるわ

[ Chorus ]

私は, はしゃぎたい
思いっきり楽しみたい

今まさに2人だけの世界へ
今まさに2人だけの世界へ

私たちは話し手を無視して
もう少しだけ, 心に素直に

今まさに2人だけの世界へ
今まさに2人だけの世界へ

私は, はしゃぎたい
思いっきり楽しみたい

今まさに2人だけの世界へ
今まさに2人だけの世界へ

私たちは話し手を無視して
もう少しだけ, 心に素直に

今まさに2人だけの世界へ
今まさに2人だけの世界へ

[ Post-Chorus ]

どんな運命になろうとも
あなたに捧げるわ

大文字で

この曲の歌詞自体の意味は、難しくないんだけど、ピッタリな日本語を選ぶのが、難しかった。

曲名の” Capital Letters (大文字) “は、『好きな相手への愛の大きさ・強さ』を表してる。メタファー(例え)だ。

女性を中心に描かれた歌詞だが、一方通行ではなく、お互いに夢中になっている。

「非日常を体験させてくれる相手」というか、『自分の知らない世界を教えてくれる彼」に出会い、ドラマのような恋に、良い意味で舞い上がってる。

歌詞の中で、何度も出てくるこのフレーズ” We ‘bout to go up, baby up we go “は、「お互いにテンションが上がって行って」て、” up we go “というのは、「奮い立たせてる感じ。行くわよ!」みたいなニュアンス。

この映画『Fifty Shades Freed』主題歌で、リタ・オラリアムが、コラボした『For You』という曲も、かなりかっこよくて、オススメ

『和訳』: Liam Payne & Rita Ora – FOR YOU (映画”Fifty Shades Freed”のサントラ)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です