『和訳』: Justin Timberlake – Say Something ft. Chris Stapleton




2018年2月2日に、リリース予定のアルバム『Man Of The Woods』の収録曲。

Justin Timberlake (ジャスティン・ティンバーレイク) の” Say Something “を和訳

今回は、カントリーシンガーの Chris Stapleton (クリス・ステープルトン) をフューチャリングしている。

時々、何も言わないことがベストだったりする。

歌詞からのみでは、「ジャスティン・ティンバーレイクの本音」は、わからない。

あえて、1番言いたいことを濁してる表現だ。

ただ歌詞からわかるのは、『みんな何かしら意見を言いたがる (Say Something)』ということ。

そして、『みんなのリズムに囚われたくないけど、我慢できずに、その板挟みになってる』状態。

ミュージックビデオも、曲の雰囲気とバッチリで、良い感じ!

Justin Timberlake – Say Something ft. Chris Stapleton

ila 和訳

[ Intro ]

Oh, yeah, alright

[ Verse 1 ]

みんな僕の行き先を把握してる

僕の心のどこかにある
僕が行きたい場所へ

まだそこに辿り着いてないのに

[ Chorus ]

みんな何かしら意見を言いたがる
みんな何かしら意見を言いたがる

みんな何かしら言ってくる

そのリズムには囚われたくない

でも, 我慢できない
自分を抑えられない

その狭間に囚われてる

我慢できない
自分を抑えられない

そのリズムに囚われてる

[ Post-Chorus ]

僕は所有できないものを
求めているのかもしれない

(僕は所有できないものを
求めているのかもしれない
)

僕は所有できないものを
求めているのかもしれない

[ Verse 2 ]

みんな僕の違反を知っている

まだ僕の心のどこかに

君と僕のメロディーと
ハーモニーがある, 
今夜

みんな僕の名を呼んでる

[ Chorus ]

みんな何かしら意見を言いたがる
みんな何かしら意見を言いたがる

みんな何かしら言ってくる

そのリズムには囚われたくない

でも, 我慢できない
自分を抑えられない

その狭間に囚われてる

我慢できない
自分を抑えられない

そのリズムに囚われてる

[ Post-Chorus ]

僕は所有できないものを
求めているのかもしれない

(僕は所有できないものを
求めているのかもしれない
)

僕は所有できないものを
求めているのかもしれない

(僕は所有できないものを
求めているのかもしれない
)

[ Bridge ]

時々, 何にも言わないことが
最もベストな方法だったりする

時々, 何にも言わないことが
最もベストな方法だったりする

時々, 何にも言わないことが
最もベストな方法だったりする

[ Chorus 2 ]

でも, 我慢できない
自分を抑えられない

その狭間に囚われてる

我慢できない
自分を抑えられない

そのリズムに囚われてる

[ Post-Chorus ]

僕は所有できないものを
求めているのかもしれない

(僕は所有できないものを
求めているのかもしれない
)

僕は所有できないものを
求めているのかもしれない

(僕は所有できないものを
求めているのかもしれない
)

[ Bridge ]

時々, 何にも言わないことが
最もベストな方法だったりする

時々, 何にも言わないことが
最もベストな方法だったりする

時々, 何にも言わないことが
最もベストな方法だったりする

この曲とは全く関係ないけれど、最近、Netflix (ネットフリックス) で、「ソーシャルネットワーク」という映画を見た。

マックザッカーバーグが、『facebook (フェイスブック) を立ち上げるきっかけ』や『サービスを拡大していく中で、起きるトラブル』を中心に描かれている。

因みに、ジャスティン・ティンバーレイクが、ショーンパーカー役で出演している。

マックザッカーバーグ本人もこの映画を見たみたいだが、

本人曰く、『事実に沿ってる部分とそうでない部分が混ざってるらしい』。

でも、映画のストーリーは、すごく面白かったので、オススメ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です