Alan Walker の来日ライブに、行ってきた!(12/14 @東京)




出典 : Facebook

1. Alan Walker 来日ライブに、行ってきた!

2017年, 12月14日に、東京の渋谷にある”Sound Museum Vision (公式サイト)”というナイトクラブで、初の来日ライブを行った大人気 DJ Alan Walker (アラン・ウォーカー)。

アラン・ウォーカーの来日公演は、2017年の9月末に、突然アナウンスされた。

しかも、たまたま、「2018年には、Alan Walker に来日して欲しい」という記事を公開した3日後だった。嬉しい誤算だ。笑

ちなみに、その記事は、こちら→「来年の Ultra Japan 2018 に、是非、来て欲しい期待の DJ 3組!

アラン・ウォーカーは、まだ20歳という若さだが、つい最近、YouTubeのチャンネル登録者が、1000万人を超えた。

人気DJ・シンガーでも、1000万を超えてる人は、かなり少ない。アラン・ウォーカーは、トップアーティストの仲間入りを果たしたと言っても、過言ではない。

しかも、たったの約2年間で、900万人以上増えている。人気上昇のスピードも、半端ない!

そんなアラン・ウォーカーのライブが、ビッグフェスではなく、ナイトクラブのキャパで、価格も、4400円。フェスとか、ドームの規模になると、最低でも、チケット代は、1万円以上はする。

これは、行くしかないぞ!」ということで、アラン・ウォーカーの来日公演に行ってきた!

2. 単独ライブの断片を『動画』で。

*下の7つの動画は、僕 (ila) が、撮影したものです。ごくたまにしかアップしませんが、一応、YouTubeチャンネルも持ってるので、興味のある方は、どうぞ。(ilaのYouTubeチャンネル)*

2-1. 登場シーン (イントロ)

Alan Walker (アラン・ウォーカー) の登場シーン

イントロの時の盛り上がりが、1番凄かった。後ろにいた人たちがどんどん前にきて、自分が最初にいた場所から、5メートルくらい前に、一瞬で移動した。笑

こういう観客の熱狂盛り上がりは、ライブでしか味わえない。それを体感することが、ライブに行く価値の一つだと思う。

ちなみに、アラン・ウォーカーのライブセットは、YouTube上に、ほとんどないので、イントロの部分は、特に、貴重かも。

2-2. Alone

アラン・ウォーカーの人気曲の1つ” Alone “。

けっこう、ライブセットのほとんどが、「繋ぎの曲」というか、「激しめのインストゥルメンタル」だったので、”Alone”のときは、ゆったりと楽しめて、良かった。

2-3. Avicii – Without You (Alan Walker Remix)

Alan Walker のライブセットの曲の中でも、特に、印象に残ってるリミックス!

この時に、初めて聞いたわけではないが、普段イヤホンで聞くのと、ライブで聞くのとでは、個人的に、大きく印象が、変わった。

Avicii (アヴィーチー) の” Without You “は、オリジナルも超良いので、まだ聞いたことなかったら、絶対聞いた方がいい!

2-4. Tired (K-391 Remix) → (Steerner & Tobu Remix)

ライブで聞く”Tired“も、普通に、カッコ良かった!

ライブで流れたのは、アラン・ウォーカーのシングル” Tired “のオリジナルバージョンではなく、「Tired (K-391 Remix)」と「Tired (Steerner & Tobu Remix)」を繋いだバージョン。

Steerner (ステアルナ) のサウンドは、クラブで聞くと、盛り上がるし、心地良いし、超最高だった。

2-5. Faded (アラン・ウォーカーの代名詞)

YouTubeで、14億以上再生されている超大ヒット曲” Faded“。

曲の後半にテンポが速くなるが、その部分は、「Faded (Tiesto‘s Northern Lights Remix)」。

ほとんどの日本人が、「アラン・ウォーカー Faded」というイメージなのではないだろうか?

Faded“には、何かが宿ってる。いつ聞いても素晴らしいし、「別格」というか、アラン・ウォーカーのシングルの中でも、特に飛び抜けている。

因みに、動画の音声をよく聞いていると、”Faded”の「日本語訳」の方を歌ってる方もいらっしゃります。笑

2-6. All Falls Down

個人的に、すごくお気に入りの1曲「All Falls Down」。

聴きやすいリズムで、歌いやすいし、明るいメロディーとボーカルも最高!

因みに、女性のボーカルは、マイリーサイラスの妹であるノア・サイラスが、務めている。

動画の最後の方で、「やたら、EDCに来てくれ。」と連呼していらっしゃる方もおられるが、なぜEDCなのだろう?

3. まだリリースされてない『新曲』も披露してくれた!

3-1. 新曲 : (Diamond Heart ?)

まだリリースされていない新曲 (Diamond Heart?) は、Alan Walker (アランウォーカー) が、2018年に、リリース予定の初アルバムに、収録されるようだ。

*まだ、正式なアナウンスはされてないので、変更される可能性はある。*

ID (Diamon Heart?) は、この時に初めて聞いたけど、かなり良かった。この独特な雰囲気と聴きやすいテンポが、個人的に、すごく好き。

そして、「曲の雰囲気」と「紫色の光」が、ぴったりだ。

4. 他にも公開済みの『未リリース曲』。

4-1. 未リリース曲 :  (Give Me Hope)

超人気の大型フェス Tomorrowland 2017 で、初披露したアラン・ウォーカーのまだリリースされていない新曲” Give Me Hope “も凄くカッコいい!

来日ライブでは、流れなかったけど、「おまけ」として、紹介しようと思う。

最初の1分くらいが、めちゃくちゃ良くて、ボーカルも良い声してる!

4-2. 未リリース曲 :  (Heading Home)

2017年の夏の段階では、まだデモに近い感じで、完成バージョンは、大きく変わるかもしれない。曲の雰囲気とかいい感じだと思う。

アラン・ウォーカーのしゃべりを聞いていると、すごく緊張してるのが伝わってくる。”Thank You”が、棒読みになっている…

Alan Walker (アラン・ウォーカー) が、今のところライブなどで公開済みの『まだリリースされていない新曲』は、「Diamond Heart」,「Give Me Hope」,「Heading Home」の3曲かな。

5. 最後に (アフターレポート)

Alan Walker (アラン・ウォーカー) のライブは、個人的に、初めての体験だったが、すごく良かった。

アラン・ウォーカーは、Avicii (アヴィーチー) のように、独特な世界観を持ったアーティストなので、UMF, EDCのような大型フェスではなくて、今回のような単独ライブが、1番良かったんじゃないかなと思う。

フェスの方が、一度に色んなアーティストを味わえて、お得感はあるけれど、単独ライブの方が、そのアーティストの個性が、より現れるので。

東京の渋谷にあるナイトクラブ Sound Museum Vision (公式サイト)の中も、初めて行ったけど、綺麗だった。ただ1時間ずっと、おしくらまんじゅう状態で、かなり暑かったが。

ちなみに、一緒に行った友達は、パリぴの勢いにやられてグダッていた。笑

Alan Walker (アラン・ウォーカー) は、2018年に、デビューアルバムをリリースする予定のようなので、凄く楽しみだ。

まだ、正式なアナウンスはしていないが、予定していると来日公演で、語っていた。

今回のアラン・ウォーカー来日公演に、興味はあったけど、「行かなかった人」行きたかったが、「行けなかった人」にとって、この記事が、少しでも参考になれば嬉しいなと思う。

来日公演中の写真

Alan Walker のヒット曲が、凝縮された EP (全6曲) は、Out Now



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です