Eminem & Beyonce − Walk On Water 和訳




Eminem (エミネム) と Beyonce (ビヨンセ) のコラボ曲 ” Walk On Water “の歌詞を和訳

曲名の” Walk On Water “は、直訳すると、「水の上を歩く」だが、これは、イエスキリスト(ジーザス)が、水の上を歩いたことからきている。「奇跡を起こす」とか、「不可能を可能にする」という例えとして使われる。

神と崇められるほどの大成功を納めたエミネムビヨンセ2人の「苦悩」や「本音」が、この歌詞には綴られている。

バラード系の美しいメロディーになっていて、ビヨンセの歌のうまさが、すごく際立つ。エミネムのラップの部分を聞くと、やっぱり神ってるなぁと思う。まだまだ現役だ。

エミネムの大ヒット曲「Love The Way You Lie」も共作した Skylar Grey (スカイラーグレイ)が、今回の” Walk On Water (ウォークオンウォーター)”の作曲にも参加してる。

Eminem & Beyonce − Walk On Water 和訳

ila 和訳

[ Beyoncé & Eminem ]

私は水の上を歩くけど
神様なんかじゃない

私は水の上を歩くけど
凍ってるときだけよ

[ Verse 1: Eminem ]

どうしてこんなに期待が高いんだ?
自分が設定したハードルなのか?

自分の両腕を
伸ばしても届かない

それから程遠いいか
しっかりと掴んでいるか

でも, 俺が掴むと
強く押すとすぐに

支配力を失ってしまう
空中ブランコのように

暗闇の中へと
真っ逆さまに落ちる

もう空が黒ずんでいる

期待が大きくて
俺の胃はズタズタになる

どんなハードルだろうと
関係ないってわかりながら

ハープを弾いて
君は愚痴をこぼす

それは飲み込むのが
つらいバイコディンだ

だから, 俺はこれに
終わりを告げる

軍隊のように

khakis (カーキ)・・・カーキ色の軍服。

プレッシャーが
増えるにつれ

氷が割れるのを感じる
なぜならー

[ Beyoncé & Eminem ]

私は水の上を歩くけど
神様なんかじゃない

私は水の上を歩くけど
凍ってるときだけよ

[ Verse 2: Eminem ]

マーシャルマザーズLPが
売れ過ぎたのが呪いだ

ザ・マーシャル・マザーズLP・・・エミネムの大ヒットしたセカンドアルバムのこと。

まだラップにしてない節を
俺はいつも探している

伝説, 愛, 俺が集めた尊敬, 何であれ

この一歩がそれらを汚すための
ミスステップになるだろう

韻も配信も完璧じゃなきゃいけない
常に成功を求められてる気がする

車の中で曲を聞いたら

“これはクソだ”って

神は俺にこの全てを与えた
まだ何も異変を感じられない

子供たちは俺を
神のように崇める

こんなの馬鹿げてる

彼らは知らないけど

それは見せかけであって
本当は消耗してるんだ

くだらないことは
聞かないようにしてる

でも, お前たちが俺から
自信を奪おうとしてるなら

任務完了だ

俺は天の賜物じゃない

ナズ, ラキム, 2パック
ノトーリアス, LLクールJ

偉大なラッパーたちの名前が挙げられている

プリンスとも違う

[ Beyoncé ]

私は水の上を歩くけど
神様なんかじゃない

私は水の上を歩くけど
凍ってるときだけよ

[ Beyoncé ]

私もただの人間だから
あなたと同じように

知らないかもしれないけど
多くの過ちを犯してきた

そんな風に私のことを
信じるべきじゃないと思う

あなたをがっかりさせるのが

私はすごく怖い

[ Verse 3: Eminem ]

俺はルービックキューブのように
美しくゴチャゴチャになってる

俺は未熟なときに
ヘマをしてからかう

俺は完璧な人間じゃない
でも, ベストを尽くしてる

君たちの期待を
台無しに
しないように

” Speedom “のバース
今やビッグショーン

” Speedom “・・・エミネムがフューチャリングしてるテックナインのシングル。

Big Sean (ビッグショーン)・・・ラッパー

あいつは早過ぎる

叫ぶのだろうか?
親に暴言を浴びせるのか?

世界を思い通りにしたときもあった
俺の手のひらに食べに来るように

全てのアルバムの曲で
俺はいきなりカットなって

でも今は笑わせようと
眉をひそめている

俺を見下ろしているのはプルーフだけ
俺はこのところラッキーなのか?

DeShaun・・・エミネムの亡くなった親友で、D12のメンバーの1人プルーフの本名。

と疑問を投げかける

とりわけ, メタドンの後

メタドンは、薬物のこと。

ドレスデンの家は全焼して
俺の家に残ったのは芝生だけ

聴衆は消えた

ブロンドの髪を
洗って落とすときだ

売り上げが下がり
カーテンは閉まった

セットを閉じている中

俺はまだ背後から
自分の頭を叩いている

そして疑った人たちを思い出す

お前の最高の韻を奪って

それに勝さるように
何度もくりかえす

世界は気にしてない
お前の韻かどうかなんて

俺が成長していくに連れ
見えなくなるものは忘れられ

自分を見失うかもしれない

こんな綱渡りみたいな状況を作ったのに
戦わずしてこのマイクを手放せるのか?

この高さから落ちても平気だ

不機嫌になったり, 泣いたり
急降下したりはしないさ

でも, 俺は決断するだろう
今回で最後にするのかどうか

だって

[ Beyoncé ]

私は水の上を歩くけど
神様なんかじゃない

私は水の上を歩くけど
凍ってるときだけよ

[ Beyoncé ]

私もただの人間だから
あなたと同じように

知らないかもしれないけど
多くの過ちを犯してきた

そんな風に私のことを
信じるべきじゃないと思う

あなたをがっかりさせるのが

私はすごく怖い

水の上を歩いたら
きっと溺れてしまう

[ Eminem ]

俺は普通の人間なんだ
でもマイクを持たせたら

神だぜ, 君と俺は似ていない
俺は”stan”を作ったんだ

Stan“は、エミネムの大ヒット曲。

 

歌詞は、このブログに掲載することはできませんが、こちらのサイトで、見ることができます。「この曲の歌詞 (Lyrics) へ」(新しいタブ)。

 

Love The Way You Lie ft. Rihanna

この曲も神ってるしなぁ。エミネムにかかるプレッシャーは、半端ないものだと思うけど、エミネムのラップを聞くと、やっぱり神ってるとしか言えない。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です