デンマークの新星 Martin Jensen の音楽が、爽やかで、トロピカル!




デンマークから突如現れた新星 Martin Jensen (マーティンジェンセン)。

1991年生まれ、現在25才の音楽プロデューサー、DJ。

デンマークから彗星の如く現れた彼の音楽が、爽やかなトロピカルで、すごく良い!

Kygo (カイゴ) のように、ゆったりとした音楽ではなくて、テンポの良い曲が多く、サウンドは、トロピカル系でも、Matoma (マトマ) や Sam Feldt (サムフェルド) に、近い感じ。

マーティンジェンセンの音楽は、雰囲気的には、トロピカル系だが、ありきたりなトロピカル系 EDM じゃない。Kygo (カイゴ) のように、個性が、曲にしっかりと出ていて、独自のサウンドを持っている。

彼の音楽を聞いていると、アーティストとして、もっと飛躍しそうな可能性をすごく感じる。まだリリースしている曲は、少ないけれど、曲に安定感がある。

数少ない既にリリースされている彼のシングルの中で、最も人気が高いのは、「Solo Dance」という2016年の冬にリリースされた曲。

Solo Dance

世界最大のストリーミングサービスである Spotify では、3億回以上もストリーミングされている大ヒット曲。

Youtube の再生回数だと、曲以外も要素が再生回数に大きく関わってくるが、「ストリーミングで、3億回超え」というのは、曲そのものが素晴らしいことの証だと思う。

僕は、「Solo Dance」を Jonas Blue (ジョナスブルー) の「Electronic Nature – The Mix 2017 (7曲目に収録されている)」というアルバムを聞いていたときに、初めて知った。

聞いた瞬間に、「この曲誰の曲?」って感じになって、すぐに調べた。その後に、彼のリリースされている曲を全部聞いてみて、その中でも、特に良いなぁと思ったのが、「All I Wanna Do」というシングル。

All I Wanna Do

メロディーとドロップが、すごく良い。リズムも素晴らしいし、また聴きたくなるような心地よさもある。あまり注目されていない曲だが、かなりオススメだ。

この曲「All I Wanna Do」は、ミニオン (下の動画のサムネイル) というキャラクターの音から一部サンプリングしている。そして、そのサンプリングの様子を下の動画で、見ることができる。

そして、最近リリースされた「Wait」という新曲が、またもや素晴らしい。1曲だけ大ブレイクするような素晴らしい曲を作るアーティストはたくさんいるが、作る曲作る曲が、素晴らしいアーティストは、なかなかいない。

まだデビューしたばかりなのに、これだけの曲を作れて、サウンドも安定している。Jonas Blue (ジョナスブルー) タイプのアーティストだ。

Wait ft. Loote

この記事で紹介している「Solo Dance」,「All I Wanna Do」,「Wait」の3曲は、既にリリースされているマーティンジェンセンの曲の中で、最もオススメな3曲だが、その中でも、個人的には、「Wait」が、1番おすすめ。

彼の音楽のすごく良いところは、聴きやすくて、心地よいサウンドであるところだと思う。また聴きたくなってしまうような魅力がある。

僕が聞いている感じでは、プロの中でもすごく才能があるアーティストのように思えるし、まだまだ素晴らしい曲を、楽しませてくれる曲をリリースしてくれそうな気がする。

これからマーティンジェンセンが、どういう音楽を作っていくのか、非常に楽しみだ。

トロピカル系の音楽が好きな方に、おすすめの記事

Mike Perry − Stay Young ft. Tessa 和訳

トロピカルハウス おすすめ5選! Vol.1 (by ila)

最も飛躍する可能性を秘めた男 Jonas Blue (ジョナスブルー) のおすすめ7選!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です