Bebe Rexha & Florida Georgia Line − Meant To Be 和訳




人気 POP シンガーの Bebe Rexha (ビビレクサ) と有名なカントリーミュージシャンの Florida Georgia Line (フロリダジョージアライン) のコラボ曲 ” Meant To Be “を「和訳」。

2組とも好きなミュージシャンだったので、このコラボは、個人的にすごく嬉しい。しかも、良い感じの仕上がりで何度もリピートしている。

カントリーミュージックよりのポップソングかな。メロディーも歌声も最高だ。

曲名は、歌詞の中に何度も出てくる「If it’s meant to be, it’ll be, it’ll be (もしそうなる運命なら, そうなるさ) 」から、取られている。

すごくリラックスして聞ける歌で、オススメの曲!

車をイメージしながら、和訳 (歌詞) を見ると、内容を掴みやすいと思う。

Bebe Rexha & Florida Georgia Line − Meant To Be 和訳

ila 和訳

[ Verse 1 ]

[ Florida Georgia Line ]

ベイビー, 仰向けになって
リラックスしていいよ

ダッシュボードの上に
君の綺麗な足を投げ出して

足踏みする必要はない
今ここで楽しもう

[ Florida Georgia Line ]

この道の行き先を
誰が知っているの?

僕たちに時間だけはある

君が僕の隣にいる限り
全てはうまくいくよ

[ Florida Georgia Line ]

もしそうなる運命なら, そうなるさ
ベイビー, 成り行きに任せよう

もしそうなる運命なら, そうなるさ
ベイビー, 成り行きに任せよう

だから, 僕と付き合ってみて
どうなるか見てみるんだ

もしそうなる運命なら, そうなるよ
ベイビー, もしそうなる運命なら

[ Verse 2 ]

[ Bebe Rexha ]

むきになるつもりはないけれど
何度か傷ついたことがあるの

大切に扱ってくれない人と
付き合ってしまって

ぶっちゃけ, はっきり言うと
偽りの愛には
うんざりしてるの

あなたが何者かを示して
私を信じさせてみて

[ Florida Georgia Line ]

でも, ちょっと待って

君は本当に美しい人よ
誰だってそう思うくらいに

[ Bebe Rexha & Florida Georgia Line ]

もしそうなる運命なら, そうなるさ
ベイビー, 成り行きに任せよう

もしそうなる運命なら, そうなるさ
ベイビー, 成り行きに任せよう

だから, 僕と付き合ってみて
どうなるか見てみるんだ

もしそうなる運命なら, そうなるよ
ベイビー, もしそうなる運命なら

[ Florida Georgia Line ]

だから, ほら

僕と付き合ってみて
どうなるか見てみよう

だから, ほら, 僕と付き合ってみて
ベイビー, もしそうなる運命なら

[ Bebe Rexha & Florida Georgia Line ]

そうするかもしれない
そうしないかもしれない

そうするかもしれない
そうしないかもしれない

[ Bebe Rexha & Florida Georgia Line ]

もしそうなる運命なら, そうなるさ
ベイビー, 成り行きに任せよう

もしそうなる運命なら, そうなるさ
ベイビー, 成り行きに任せよう

だから, 僕と付き合ってみて
どうなるか見てみよう

もしそうなる運命なら, そうなるよ
ベイビー, もしそうなる運命なら

[ Bebe Rexha & Florida Georgia Line ]

もしそうなる運命なら, そうなるよ
ベイビー, もしそうなる運命なら

もしそうなる運命なら, そうなるよ
ベイビー, もしそうなる運命なら

 

この曲の歌詞の出だしの

Baby, lay on back and relax
Kick your pretty feet up on my dash

という部分は、「車の中の話」。

下の写真のような感じだ。(女性に関して)

 

出典 : Twitter

女性が綺麗な足を前に投げ出して、背もたれを倒してリラックスする状態」が、歌詞の最初に描かれている。

「I ain’t gon’ lie」というのは、「ぶっちゃけ」とか、「はっきり言って」という意味。

 

男側は、「実際に付き合ってみて、うまくいくのかいかないのか様子を見てみよう。」というスタンス。でも、女性側は、「偽りの愛(フェイク・ラブ)に、騙された経験が何度かあって、少し警戒している。」感じ。

実際にどういう結果になるのか。その道のゴールが何なのかは、実際にその道を歩んでいかない限りわからないよ。というのが、男側の意見だ。

ただ、歌詞の後半からは、女性側も成り行きに任せてみようという感じになっている。

この曲の歌詞は、「恋愛について」語っているが、人生の様々なことにおいても、成り行きに任せてみるのは、良いことだ。

全てはうまくいっているというか、変な抵抗をせずに、自然な流れを信頼して生きていくことは、すごく大切なことだと思う。簡単なようで、これが難しいけれど。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です