Avicii (アヴィーチー) の ” Youtube 限定曲 ” 12選!




1. Avicii (アヴィーチー)

スウェーデン, ストックホルム出身, 世界最高峰の音楽プロデューサーで、これまでにかなりの曲数をリリースしてきた Avicii (アヴィーチー)。

これまでに彼は、本当に多くの曲をリリースしてきたが、ユーチューブでしか聞くことのできない音源も多くある。フェスでのみ披露したリミックスマッシュアップ、結局、リリースされなかったニューシングルなど。

今回は、アヴィーチーが手がけた曲の中から、Youtube 限定のオススメ曲を12曲選んできた。どれもすごく濃ゆい曲を選んできたので、12曲全てをきちんと理解するには、1年間くらい時間がかかるかもしれない。だから、時間があるときにでもゆっくりと、聞いてもらえたら嬉しいなと思う。

2. Youtube 限定の12曲!

1. The Days (Jasmine Thompson → Robbie Williams )

・マッシュアップされている曲の組み合わせ。

Avicii – The Days (Cover by Jasmine Thompson)
Avicii – The Days ft. Robbie Williams
Mark Morrison – Return Of The Mack

この動画は、2015年3月末に、アメリカのマイアミで開催された Ultra Music Festival (UMF)Avicii (アヴィーチー) のライブセットの一部分。

2曲とも ” The Days ” という同じ曲だけれど、カバー曲とオリジナル曲に、プラスαが加わっている形。普通に聞いていたら、いつボーカルが変わったのか気がつかないほど、さらっと入れ替えるところがすごいと思う。

この動画の後半には、Mark Morrison (マークモリソン) の “ Return Of The Mack ” のボーカル部分が、サンプリングされている。そして、この動画に映るアメリカ?人男2人がなかなか面白い!

因みに、” The Days ” という曲は、全部で4パターンあるので、他のバージョンも聞きたい方は、こちらへ 👉  Avicii − The Days 和訳

2. Coldplay − Atlas (Avicii Remix)

アヴィーチーは、このリミックスをたまにしかライブで流さなかったので、あまり知られてるリミックスではないが、個人的にすごく好きなリミックス。

初めて、このリミックスを聞いたときは、感動したのを覚えている。特に、このリミックスの後半部分 (1:30からの部分)が、凄い!

因みに、アヴィーチーは、この後半部分のメロディーを新曲に組み込むのをトライしている。2016年の3月末の段階では、ID (Our Love) として披露したが、リリースするときには、どうなっているのかさっぱり分からない。アヴィーチーは、リリースの直前でボーカルまで、変えちゃうこともよくあるので。

3. Avicii – Superlove & Calvin Harris – Sweet Nothing

・マッシュアップされている曲の組み合わせ。

Avicii vs Lenny Kravitz − Superlove
Calvin Harris − Sweet Nothing ft. Florence Welch

素晴らしいマッシュアップの1つ。Calvin Harris (カルヴィンハリス) の “ Sweet Nothing と Avicii (アヴィーチー) の “ Superlove  の2曲は、相性が抜群だ。

アヴィーチーが、2013年から2015年頃にかけて、よく自身のライブセットで使っていたバージョン。僕は、アヴィーチーのライブセットでしか聞いたことがないが、元々、Alesso (アレッソ) のマッシュアップだと噂されている。でも一応、アヴィーチーのということで、この記事に載せている。

4. Nothing Inside & Sebastian Ingrosso – Reload

・マッシュアップされている曲の組み合わせ。

Sander Van Doorn & Mayaeni − Nothing Inside
Sebastian Ingrosso & Tommy Trash & John Martin − Reload

アヴィーチーのライブ映像の中でも、個人的に、かなり印象に残っている動画の1つ。” Nothing Inside ” の落ち着いたメロディーから、徐々に ” Reload ” で盛り上げていく流石な組み合わせ。なんといっても、この強弱が、凄く好き。

そして、パリピが集結している大盛り上がりのフェスの中で、ゆっくりな落ち着いた曲も流せるのは、アヴィーチーの1つの特技だ。笑

因みに、3番の動画とこの動画を最初から最後までよく聞いたらわかるけれど、3番の終わりと4番の最初の動画は、実はつながっている。

5. Teenage Crime & Of Monsters And Men – Little Talks

・マッシュアップされている曲の組み合わせ。

Adrian Lux – Teenage Crime (Axwell & Henrik B Remode)
Of Monsters & Men – Little Talks (Acappella)

このマッシュアップは、あまり頻繁に使われていないバージョンで、2011年と2016年の引退間際に、よくアヴィーチーが使っていた。僕は、「Summertime Ball」というイギリスのフェスで、アヴィーチーが披露したライブセットで初めて、このマッシュアップを知った。

映像つきで、このマッシュアップを聞いてみたい方は、こちら (Avicii – Full Summertime Ball Set (Part Two)) から、YouTube で、ご覧になれます。

6. Spectrum & David Guetta vs Avicii – Sunshine

・マッシュアップされている曲の組み合わせ。

Florence and The Machine − Spectrum (Acappella)
David Guetta & Avicii – Sunshine

このマッシュアップは、特に、!, 最強!, エグい

大人気 DJ の David Guetta (デヴィッドゲッタ) とコラボした ” Sunshine ” という曲は、グラミー賞も受賞している。この ” Sunshine ” の良さがわかる人は、EDM を深く楽しめていると思う。ドロップの部分が、EDM の最も魅力的なところの1つだ。

7. Avicii – Closer (Tracks Of My Tears)

曲は、アヴィーチーの ” All you need is your love ” というシングルだが、ボーカルが、歌っている歌詞の部分が、それとは特に大きく異なる。

アヴィーチー自身は、” All you need is your love ” よりも、” Closer (Tracks Of My Tears) ” の方をより好んでいたようだ。

僕は、両方とも同じくらい好きだが、6分くらいの “Original Mix” 以外に、3、4分の “Radio Edit” バージョンもリリースして欲しかったかなぁ。(リリース済みの ” All you need is your love ” に関して)

8. Avicii – Enough Is Enough (Don’t Give Up On Us) (Tom Swoon Edit)

Enough Is Enough ” のオリジナルバージョンは、まあまあだが、個人的には、この “ Tom Swoon Edit ” が、かなり良いと思う。中でも、この動画の音源が1番お気に入り。メロディー、歌詞、どれも素晴らしいが、なによりも、この曲の「世界観」が大好きだ。ハッピーなメロディーではないけれど、この「世界観」へ、自然に吸い込まれてしまう。

9. Avicii − Stay With You ft Mike Posner

Mike Posner (マイクポスナー) をフューチャリングした曲。この曲もリリースしていたら、大ヒットしていたと思う。アヴィーチーの作曲センスは、異常だ。マイクポスナーの曲 ” I Took Pill On The Ibiza (Seeb Remix) ” の歌詞で、アヴィーチーの名前が出てくるが、お互いに交流は深いみたい。

👉  Mike Posner − I Took A Pill In Ibiza (Seeb Remix) 和訳

10. The Who – Baba O´Riley & Avicii – Fade Into Darkness
(Albin Myers Remix)

・マッシュアップされている曲の組み合わせ。

The Who – Baba O´Riley
Avicii – Fade Into Darkness (Albin Myers Remix)

このマッシュアップのボーカルの歌い出しが、特にかっこいい。

僕が最もかっこいい曲だと思っている曲の1つである ” Fade Into Darkness “。Avicii (アヴィーチー) は、これの “ Albin Myers Remix ” をすごく気に入っていて、いつもライブやフェスなどでは、このリミックスを流していた。

でも、個人的には、オリジナルバージョンの方が好きかな。因みに、このマッシュアップの ” The Who – Baba O´Riley ” は、だいぶをアレンジされたバージョンになっている。

11. Robyn – Hang With Me (Avicii Mix)

イギリスの人気シンガーソングライター Robyn (ロビン) の “ Hang With Me  ” を Avicii (アヴィーチー) が、少しリミックスしたミックス。

アヴィーチーによるリミックスの方が、テンポが早くて、エレクトロニックな感じに仕上がっている。” Hang With Me ” は、ロビンが2010年にリリースした曲で、割と昔のシングルだが、今聞いても素晴らしいなと思う。

12. Coldplay – Every Teardrop Is A Waterfall (Avicii ‘Tour’ Mix)

Avicii (アヴィーチー) と Coldplay (コールドプレイ) の相性は、バッチリだ。因みに、コールドプレイの “ A Sky Full Of Stars ” という曲も、アヴィーチーが共同で、プロデュースした曲である。

アヴィーチーが、千葉のマリンスタジアムでパフォーマンスした時にも、実は、このリミックスが披露されている。このリミックスは、2011年にリミックスされたものなので、サウンドが今のアヴィーチーと少し違っていて、昔の頃のサウンドだ。

このリミックスを聞いてしまうと、オリジナルのバージョンがイマイチに感じてしまうくらい、このリミックスは素晴らしい。聞いた人の気分を高揚させてくれる最高のリミックス!

3. 最後に

2016年いっぱいで、DJ活動を引退してしまい、表舞台から姿を消しているアヴィーチーだが、現在は、アルバム製作に精を出しているようだ。

実は、現時点でも、僕が知る限りで、20曲以上の未リリース曲がある。でも、アヴィーチーは、前作のアルバム ” Stories ” を超える作品を仕上げないと、気が済まないのだろう。

これまでで最高のアルバムを仕上げてくれるようなので、これからのアヴィーチーにも期待していきたい。全くスケジュール通りに動くタイプの人じゃないので、彼の新曲のリリースは、気長に待ちたいと思う。9月までには何かしら動きを見せると、個人的には、思っている。



2 件のコメント

  •  ここに紹介されている曲は、Youube限定というよりも、ライブ映像などから切り取って動画をアップしている、いわゆる海賊版で、もちろん著作権に違反しています。それらの動画を見るだけなら著作権侵害にはならないかもしれませんが、あなたが本当のAviciiのファンであるなら、このような動画を紹介するのはやめていただきたいです。

    • 僕は、Aviciiがすごく好きで、尊敬しています。

      Aviciiがこれまでにリリースしてきた曲は、どれも素晴らしいけれど、僕が彼を評価してるのは、そこだけじゃないです。一年中世界を飛び回る生活をしながら、ただでさえ、多くの曲を短い期間でリリースしてきているのに、リリースしてない新曲が山ほどある。しかも、そのどれもが素晴らしい。さらに、彼が、フェスやクラブのライブセットで流すマッシュアップやリミックスも、凄い。Aviciiが、リリースした曲を評価してる人は多いけど、「Aviciiが凄いのは、それだけじゃない!」ということを知ってもらいたいなぁと思って、この記事を作りました。彼の見えない努力や公には見えにくい彼の魅力を紹介したかったので。Aviciiが好きな人なら、Aviciiのことをより好きになってくれるかなと思ってこの記事を書いたのですが、「このような動画を紹介しないで欲しい」と言われて、正直すごく残念です。

      ですが、確かに、M.Kさんの言う通り、これらの動画は、著作権違反ではあります。ただ多少グレーなゾーンは、そのままでいいというのが、僕個人としての意見です。もし、誰かの著作物を横取りする形でそれを商売にして儲けてるのであれば、それは、取り締まりべきだと思います。例えば、海賊版漫画サイトのように、作家や出版社以外の人が、人気漫画を大量に自分のサイトにアップして無料で見れるように公開し、広告をつけ、明らかに、自分の金儲けのためだけにやってる感じなら、それは、著作権を所有してる人に対して、損害を与えてるので、取り締まるべきだと思います。でも、このブログは、そういう目的で運営してませんし、Aviciiに多大な損額を与えてません。広告をつけてますが、全く商売にもなってないですし、商売するつもりでもやってないですし、むしろ、毎月、JASRACさんに高額な著作料を支払っていて、赤字に近いです。それに、この記事を見てる人は、1日10人もいれば良い方って感じです。

      僕の意見はさておき、「あなたが本当のAviciiのファンであるなら、このような動画を紹介するのはやめていただきたいです。」というコメントですが、正直、僕は、「僕が本当のアヴィーチファンじゃないみたい」な言い方をされて、すごく不快に感じました。このような動画を紹介しないで欲しいというのは、Aviciiが望んでることではなく、あなたの都合ですよね。著作権は、その商品を作った人を守るためのものなので、全ては、Avicii次第です。M.Kさんは、Aviciiなら、こういう動画を紹介することを嫌がると勝手に思ってるのかもしれませんが、嫌がってるのか、嬉しく思っているのかは、Aviciiにしかわかりません。実際に、嫌に思ってるかもしれませんし、僕が紹介して、自分の魅力や素晴らしい音楽がより多くの人に届くことを喜んでるかもしれません。(Aviciiは、もう亡くなっていますが。)

      それに、僕が今、これらの動画を消したとして、誰のメリットになるんですかね? Aviciiの利益にもならないし、僕がAviciiの魅力を伝えたいと思って書いたことが誰にも届かなくなるだけですよね。それなら、僕は、これらの動画を消すつもりはないです。Aviciiが嫌に思ってるなら、消しますが。

      長文になってしまい、申し訳ありません。でも、「僕がどうしてこの記事を書いたのか」。「どういうつもりで書いたのか。」が、M.kさんに全く伝わってないように感じたので、自分の気持ちを正直に書きました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です