Alan Walker − Tired ft. Gavin James 和訳




アヴィーチーを連想させる曲!?

Faded ” という曲で、一気に世界的に有名なアーティストの仲間入りを果たした現在19歳の Alan Walker (アランウォーカー)。

Tired “といういつも通りのシンプルな曲名だが、今回の曲は、今までの曲の感じと少しテイストを変えてきた。Avicii (アヴィーチー) の曲を連想させるようなギターの音の入れ方とかボーカルの歌声。そして、この曲を歌っているのは、アイルランドの男性シンガー Gavin James (ギャビンジェイムズ) だ。

いつものアランウォーカーの曲も好きだが、こういう感じの曲は個人的に、もっと好きだ。この曲は、特におすすめしたい曲の1つ。ミュージックビデオも、ストーリー性があっていい。

Alan Walker − Tired ft. Gavin James 和訳

ila 和訳

君の目に涙が見える
僕は内側で無力さを感じる

愛よ, 隠す必要はない
君の心が疲れてるときは
僕に愛させて欲しい

手の冷え, 充血した目
真夜中に出て行った2人

彼らは数週間そこにいたけど
君はさよならの意味をわかってない

ただタバコを広げて
このゴタゴタは忘れて

僕は離れて待っている
サイドラインの外側から

君の目に涙が見える
僕は内側で無力さを感じる

愛よ, 隠す必要はない
君の心が疲れてるときは
僕に愛させて欲しい

もし君の幽霊が君を引き離したら
君は自分自身を失ってしまう気がする

僕の愛, 隠す必要はない
君の心が疲れてるときは
僕に愛させて欲しい

僕に君を愛させて
[×4]

君の心が疲れてるときは
僕に愛させて欲しい

君は大丈夫だと囁くけれど
僕は君のたわいのない嘘を見抜く

これらの壁は話さない
もしできるなら話すだろう

秘密を隠せない
君はこのゴタゴタを
忘れられない

僕は離れて待っている
サイドラインの外側から

君の目に涙が見える
僕は内側で無力さを感じる

愛よ, 隠す必要はない
君の心が疲れてるときは
僕に愛させて欲しい

もし君の幽霊が君を引き離したら
君は自分自身を失ってしまう気がする

僕の愛, 隠す必要はない
君の心が疲れてるときは
僕に愛させて欲しい

僕に君を愛させて
[×4]

君の心が疲れてるときは
僕に愛させて欲しい

僕の愛, 君の目には涙がある
僕の愛, 内側ではとても無力

僕の愛, 隠す必要はない
君の心が疲れてるときは
僕に愛させて欲しい

 

和訳の補足を少し…

歌詞の主人公は、控えめな性格で、自分から実際に行動することができない。だから、恋愛という試合に出場せずに、サイドラインの外から様子を見て待っている。

歌詞の中に次の部分がある。「I’m waiting on the sidelines From the sidelines」。「僕は離れて待っている。サイドラインの外側から」と和訳の中では訳しているが、

この部分をサッカーの試合で例えると、” I (僕) ” は試合に出場しておらず、サイドラインの外(ベンチ)から試合を見ている状況。つまり、僕はフィールド外にいて、彼女は、フィールド内にいる。

主人公である僕が、彼女のことをこういう感覚で見ているというのをこの歌詞の部分が表現している。観察力があって、相手の女性の本音を見抜けるが、控えめな性格すぎて、口に出すことができない。この主人公の性格が、歌詞の中でなんども繰り返される” Just let me love you (僕に君を愛させて) ” という相手に許可を求めるような表現にも現れている。

こちらの記事も合わせてどうぞ。Alan Walker − Faded 和訳

Kygo Remix

トロピカルハウスを代表する Kygo (カイゴ) によるリミックス!

最近カイゴが、リリースしたリミックスの中でも1番良いと思う。オリジナル曲を超えるような出来栄え。カイゴは、シンガーソングライターとのコラボはあるが、まだ DJ・音楽プロデューサーとのコラボがない。でも、Alan Walker (アランウォーカー) や Alesso (アレッソ) とのコラボは、あっても正直、おかしくはない。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です