” 最新のおすすめ洋楽7選 ” April, 2017




最新のおすすめ洋楽7選」ということで、おすすめの洋楽を7曲紹介していきます。

おすすめの洋楽はたくさんありますが、今回は、2017年4月中にリリースされた曲の中から、あまり有名でないアーティスト・曲じゃないけど、素晴らしい曲を中心にピックアップしました。

この7曲から1曲でも、お気に入りの曲に出会えたら、僕は満足です。

1. Wale – My Love ft. Major Lazer, WizKid, and Dua Lipa

超実力派音楽プロデューサー Major Lazer (メジャーレイザー) の新曲。つい最近、彼らの ” Lean On ” という曲が YouTube上で、再生回数が20億回を突破した。最近は1億回を超える曲はけっこう増えてきたが、20億回はかなりやばい。

メジャーレイザーは、Diplo (ディプロ), Jillionaire (ジリオネア), Walshy Fire (ウォルシーファイアー) の3人からなるグループ。彼らの音楽は、独特で癖のある曲が多いので、好き嫌いがはっきりと分かれやすいかもしれないが、曲のクオリティーに関しては、本当にどれも素晴らしい。

今回は、世界 No.1DJ Martin Garrix (マーティンギャリックス) と ” Scared To Be lonely ” という曲でコラボした Dua Lipa (デュアリパ) も参戦。1曲に4組もアーティストが参加しているが、すごくバランスよくマッチしていると思う。

2. Cashmere Cat − Quit ft. Ariana Grande

最近リリースされた曲の中でも、個人的に1番ハマっている曲。Cashmere Cat (カシミアキャット) の曲と Ariana Grande (アリアナグランデ) の歌声がマッチしすぎていて、何回も聞いてしまう。

表向きには、Cashmere CatAriana Grande しか表記されていないけど、みんなが知ってるようなヒット曲を影で手掛けまくっている Benny Blanco (ベニーブランコ) や世界的な人気シンガーである Sia (シーア) もこの曲の製作に関わっている。因みに、この曲が公式にリリースされる前に、Sia (シーア) もボーカルとしてこの曲を歌っていた。

この曲に関しては、下() のベージに詳しく載せています。⇒ Cashmere Cat − Quit ft. Ariana Grande 和訳

3. Kygo & Ellie Goulding − First Time

これまでに、U2, Charlie Puth (チャーリープース), John Newman (ジョンニューマン) などとコラボした未リリース曲も、自身のライブやフェスで披露していた Kygo (カイゴ)。

次の新曲は、この中の曲のどれなのかな?と思っていたが、突然、Ellie Goulding (エリーゴールディング) とのコラボ曲がリリースされた。

Kygo (カイゴ) は、トロピカル系のアーティストだと多くの人に認知されているが、個人的に、彼をトロピカル系のアーティストだと一括りには出来ない。確かに、曲にフルートの音をよく使っていたりしてトロピカル感はある。でも、カイゴは、トロピカル系という流行りを突き抜けて、完全に ” オンリーワン ” のアーティストになったと思う。

Kygo & Ellie Goulding − First Time 和訳

4. The Chainsmokers & Coldplay – Something Just Like This (Alesso Remix)

スウェーデンを代表する音楽プロデューサー、DJ の1人 Alesso (アレッソ) による久しぶりのリミックス曲。
アレッソは、” Calling ” という曲で、ブレイクしたが、自身以外の曲を巧みにリミックスすることで評価を得て、知名度を上げていったアーティスト。

ここ最近は、ソロ曲や自身のライブ・ツアーに力を入れていて、あまりリミックスを手がけることはなかったが、今回は、チェインスモーカーズとコールドプレイのコラボ曲 ” Something Just Like This ” をリミックス。

リミックスって、する人によってオリジナル曲の良さが跡形もなくなくなってしまうケースも多いが、Alesso (アレッソ) の場合は、オリジナル曲の良さを残しつつプラスαを加えるようなリミックスが多い。そこが彼のリミックスの凄いところだと思う。

5. Mike Perry − Body to Body ft. Imani Williams

もしかしたら、Mike Perry (マイクペリー) の ” Ocean ” という曲を知ってる人は多いかもしれない。彼の1番のヒット曲であり、代表曲でもある。まだ彼が公式にリリースしている曲は、非常に少ないが、どの曲も個人的に良いなぁと感じている。

彼の音楽の雰囲気を一言で言うと、「トロピカル系」。Jonas Blue (ジョナスブルー), Matoma (マトマ), Ryan Riback などの音楽と近いと思う。

この曲が気に入った方には、是非彼の ” Ocean ” という曲も聞いて欲しい。

6. ODESZA − Line Of Sight ft. WYNNE & Mansionair

日本では、全然知名度の低いアーティストだが、独特でオリジナリティーのある素晴らしい曲をたくさん作る ODESZA (オデッザ)。彼らの音楽は、独特だから1回聞いてもあまりピンとこないかもしれない。でも、そこが魅力的な部分でもあるし、何回も聞くうちにどんどん良さがわかってくると思う。

因みに、ODESZA (オデッザ) は、アメリカのシアトルから生まれた2人組の DJ・音楽プロデューサーで、大学の時に出会って結成されたデュオ。

また彼らは、” In Return ” というアルバムをリリースしているので、彼らの音楽をもっと聞きたい方には、このアルバムを是非おすすめしたい。特に収録曲の中でも、” All We Need “, ” Say My Name ”  の2曲は個人的におすすめ!

7. Illenium & Kerli – Sound of Walking Away

サンフランシスコ出身の DJ・音楽プロデューサー、illenium (イレニウム)。まだ有名なアーティストではないが、個人的にかなり期待している。とにかく彼は、メロディーを作るのが凄く上手い。それに曲のレベルがどんどん進化していってる。

この曲に関しては、文句をつけられないほど素晴らしい。和訳もしているので、下のリンクから見れます。⇒ Illenium & Kerli − Sound Of Walking Away 和訳

この曲以外にも彼の曲ですごくおすすめなのは、の曲。

Gryffin & Illenium − Feel Good ft. Daya 和訳







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です