Shawn Mendes − There’s Nothing Holding Me Back 和訳




There’s Nothing Holding Me Back

 

またまたかっこいい曲が、
ショーンメンデスからリリースされた。

この曲は、ショーンメンデスと彼のシングルである
Stitches (スティッチーズ) ” を共に作った Teddy Geiger,

Treat You Better (トリートユーベター) ” を共に作った Scott Harris
そして、” Crazy ” を共に作った Geoff Warburton
一緒にプロデュースしたシングルになっている。

Shawn Mendes (ショーンメンデス) は、カナダのトロント出身,
1998年生まれの現在18才のシンガーソングライターで、

2015年と2016年の2年連続、
世界で最も影響力のある10代に選ばれている。

彼はまだ18才だが、何よりも人間性が素晴らしく、
自分とは誰かをよくわかっていて、自分を見失わない。

彼のインタビューの受け答えとかを見ていても、
内面がかなり成熟しているように感じる。

この曲の歌詞は、恋愛について。
歌詞にもショーンのかっこよさが垣間見れる。

 

Shawn Mendes − There’s Nothing Holding Me Back 和訳

ila 和訳

彼女が行くとこへ
僕もついていきたい

僕は彼女を思ってるし
彼女もそれをわかってる

僕は彼女に身を任せたい
いつも彼女が接近するから

彼女は十分に僕をハラハラさせた
僕はやめて認めるべきかもしれない

僕は動揺していた
君が夢中になってる
のが大好きなんだ

僕の抑制するものを
君は全部取っていった

ベイビー, 僕が隠してるもの
なんてもう何もないよ

君は僕の評判を根こそぎにした
僕の決断を巧みに操って

ベイビー, 僕が隠してるもの
なんてもう何もないよ

僕が隠してるもの
なんて何もない

僕が隠してるもの
なんて何もない

私は決して恐れないと彼女は言う
素の自分で生きてる人を想像してみて

彼女はあまり待つのが好きじゃない
あまりちゅうちょしないんだ

彼女は十分に僕をハラハラさせた
僕はやめて認めるべきかもしれない

僕は動揺していた
君が夢中になってる
のが大好きなんだ

僕の抑制するものを
君は全部取っていった

ベイビー, 僕が隠してるもの
なんてもう何もないよ

君は僕の評判を根こそぎにした
僕の決断を巧みに操って

ベイビー, 僕が隠してるもの
なんてもう何もないよ

僕が隠してるもの
なんて何もない

僕が隠してるもの
なんて何もない

僕たちが正気を失って
度を越したとしても

僕たちは大丈夫だろう

君がそばにいれば
暗闇でつまづいても
僕たちは大丈夫だろう

僕たちが正気を失って
度を越したとしても

僕たちは大丈夫だろう

君がそばにいれば
暗闇でつまづいても
僕たちは大丈夫だろう

僕は動揺していた
君が夢中になってる
のが大好きなんだ

僕の抑制するものを
君は全部取っていった

ベイビー, 僕が隠してるもの
なんてもう何もないよ

君は僕の評判を根こそぎにした
僕の決断を巧みに操って

ベイビー, 僕が隠してるもの
なんてもう何もないよ

君といると
すごく自由を感じる

ベイビー, 僕が隠してるもの
なんて何もないよ

 

曲名にもなっていて、歌詞の中でもよく出てきている
There is nothing holding me back ” の意味は、

There is nothing ” =「何もない」,

hold back ” =「本心を隠す」。

つまり、彼は自分の背後に隠していることは何もなくて
彼女に対してすべてをさらけ出しているよということを意味している。

 

Shawn Mendes (ショーンメンデス) の大ヒット曲たち ↓

Shawn Mendes − Stitches 和訳

Shawn Mendes − Treat You Better 和訳

 

因みに、最も影響力のある10代に選ばれたというのは、
こちらの2つの記事 ” The 30 Most Influential Teens of 2015 “,
The 30 Most Influential Teens of 2016 ” に載っている。

ショーンメンデスの他にも、スウェーデン出身の女性シンガーソングライター
Zara Larsson (ザララーソン) なども選ばれていた。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です