Skillet − Stars 和訳。映画「The Shack (神の小屋) 」のサウンドトラック




映画「The Shack」, Stars

 

映画のサウンドトラックって、けっこう素晴らしい歌が多いと思う。 

この曲は、映画The Shack (神の小屋) 」のサウンドトラックで、
歌っているのは、Skillet (スキレット) というアメリカのロックバンド。

個人的に、この曲はかなり素晴らしいと思う。
映画の主題歌でいいんじゃないかと思うほどの出来!

この映画のサウンドトラックのリストを見たけど、
良いシンガー (特にカントリーミュージシャン) が多いし、
既にリリース済みの3曲は、どれも素晴らしいから
かなり完成度の高いサウンドトラックの予感。

素晴らしい映画を作る人たちは、サウンドトラックにも
すごくこだわって選んでいるのが伝わってくる。

この映画は、全米でベストセラーになった小説を元にしていて、
内容は、キリスト教がバックグラウンドにあるミステリー系。
ちなみに、タレントのすみれさんも出演しています。

YouTube で、この映画の予告編を見た感じでは、
すごく面白そうだったから、本編を見てみたくなった。

アメリカでは、2017年の3月3日に公開だが、
日本では、2017年のどこかでは公開されるのかな?

 

Skillet − Stars 和訳

ila 和訳

君が言葉を発して
人生が始まった

始まりでも終わりでもある
海に語ったんだ

君は時間と空間を動かした

それでも君はやってきて
僕の名を呼ぶんだ

それでも君はやってきて
僕の名を呼ぶんだ

君が星を支配できるなら
僕の心も同じようにできる

僕が剥がれ落ちたときはいつでも
僕が壊れ始めたときはいつでも

だから僕はここにいる
自分の心を励ましながら
星を支配する人のため

最も深い深さ
最も暗い夜

君は離れられない
僕を見失ってしまうから

僕は迷子になり
自分を見失うのに

君はまだ愛してくれて
僕の名を忘れない

君が星を支配できるなら
僕の心も同じようにできる

僕が剥がれ落ちたときはいつでも
僕が壊れ始めたときはいつでも

だから僕はここにいる
自分の心を励ましながら

君が荒れ狂う海を穏やかにできるなら
僕の心の中にある嵐も収められる

君は決して遠くには離れない
決して大幅に遅れたりはしない

だから僕はここにいる
自分の心を励ましながら
星を支配する人のため

君の愛が俺の名を呼んだんだ

僕は何を怖れる必要がある?
僕は何を怖れる必要がある?

君の愛が僕の名を呼んだんだ

僕は何を怖れる必要がある?
僕は何を怖れる必要がある?

君が星を支配できるなら
僕の心も同じようにできる

僕が剥がれ落ちたときはいつでも
僕が壊れ始めたときはいつでも

だから僕はここにいる
自分の心を励ましながら
(自分の心を励ましながら)

君が荒れ狂う海を穏やかにできるなら
僕の心の中にある嵐も収められる

君は決して遠くには離れない
決して大幅に遅れたりはしない

だから僕はここにいる
自分の心を励ましながら
星を支配する人のため

星を支配できるのは君だけだ

 

この曲の歌詞を知りたい方は、
AZ Lyrics さんから、ご覧になれます。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です