Avicii の幼馴染み Otto Knows (オットー・ノウズ) って、どんなアーティスト!?




アヴィーチーの日本公演にも出演します!

Otto Knows

Otto Knows (オットー・ノウズ) は、1989年生まれで、現在27歳。スウェーデン, ストックホルム出身の DJ/プロデューサーです。

実は、スーパースター Avicii (アヴィーチー) と幼馴染み(クラスメイト)だったようです。因みに、年は違いますが、Alesso (アレッソ) も同じ学校を出ています。

クラスメイトの頃の写真は、こちら

13267957_1319398544756231_3102519572146648516_n

右上が、Avicii (アヴィーチー) で、左下が、Otto Knows (オットー・ノウズ) 。

小学校?のクラスメイトが、2人とも有名になるなんてなかなかすごい。オットー・ノウズ は、音楽プロデューサーの割にリリースしてる曲が少ないけど「Million Voices」という曲は、世界で大ヒットしました。

彼が作る曲は、美メロというか綺麗なメロディーの音楽が多いです。個人的に、彼の音楽は日本人に合ってる気がします。因みに、アヴィーチーもオットー・ノウズの作る曲が好きなようです。

念願のアヴィーチー日本公演にて、オットー・ノウズ も出演しますが、それに合わせてきたのか、大阪公演の前日の6/3 (金) に
オットー・ノウズ が、アヴィーチーとのコラボ曲をリリースすると自身のフェイスブック上でアナウンスしました。

タイトルは、「Back Where I Belong」←歌詞・和訳あり。

2人が、クラスメイトだった頃を振り返った曲のかな?リリースがとても楽しみです。因みに、ボーカルは、Bebe Rexha (べべ・レスサ) だと噂されていますが、僕が聞いた感じだと ” LP ” だと思います。まだ公表されていないので、わかりませんが…。

やっぱり、知ってる曲が流れた方がライブは楽しめると思います。オットー・ノウズは、あまり知らないという方は少なくないと思うので彼のオススメな曲を何曲か紹介しようと思います。

 

Starlight (Could You Be Mine) (Otto Knows Remix)

僕が、1番オススメするのは、「Starlight (Could You Be Mine)」のオットー・ノウズリミックス。このリミックスは、特にドロップ部分が素晴らしいです。

アヴィーチーも自身のライブセットでこのドロップ部分を用いたことがあります。その時は「Avicii − Trouble」という曲のドロップ部分に使われていました。

おそらく、この曲はアヴィーチー日本公演の時も披露されるでしょう。

Million Voices  (Full Version)

彼の曲の中で最もヒットした曲です。この曲は、ほぼ間違いなくライブで披露されるでしょう。サビのところは、すごく印象に残ります。

Next To Me (和訳)

この曲のミュージックビデオは、日本で撮影されました。すごく綺麗なメロディーで、素晴らしい曲です。

Dying For You  ft. Lindsey Stirling & Alex Aris  (和訳)

この曲に参加してる Lindsey Stirling (リンジー・スターリング) は、ユーチューバーとして、世界4位の年収 (2015年) を誇るほど、人気の高いバイオリニストです。彼女自身、踊りながらバイオリンを弾きますが、彼女は踊りたくなるようなバイオリンの音を奏でます。

他にも「Parachute」や「Itrack」、ブリトニースピアーズの「Work Bitch」のミックスをプロデュースした曲などありますが、僕が特にオススメなのは上の4曲です。

This Is Otto Knows

オットー・ノウズは、どういうアーティストなのかを軽くビデオにしてある動画があるので、ぜひ1度見てみて下さい。見ていて、けっこう楽しめると思います。(オットーのユーチューブオフィシャルチャンネルより)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です