Martin Garrix + Third Party − Lions In The Wild 和訳




サビが、かっこよすぎる!

13221719_1086670331375820_8416113577460443394_n

 

この曲をお待ちしておりました!

 

2016年の Ultra Music Festival in Miami (ウルトラ・ミュージック・フェスティバル) で、
初日のトリを務めたオランダ出身20歳のスーパー DJ/プロデューサーである
Martin Garrix (マーティン・ギャリックス) が、ライブセットの1発目に披露した曲が遂にリリース。

彼のライブセットは、毎回毎回バージョンアップするので、いつも注目してます。

この曲は、Third Party (サード・パーティ) というイギリス出身のデュオとコラボ。

下の写真の真ん中が、Martin Garrix, 両端が Third Party です。

13226945_1125776144130223_2913366496718440680_n

この曲以外にも、新曲候補に Bebe Rexha (べべ・レクサ) とコラボしてるダブステップのようなドロップの
InThe Name Of Love」と Avicii (アヴィーチー) とのコラボが噂されている「Hold On Never Leave」,
Ed Sheeran (エド・シーラン) とコラボしてる「Rewind Repeat It」がありますが、
現在アルバム制作を進めてるようなので、そのアルバムにおそらく収録されると思います。

マーティンの曲の僕の印象は、エネルギッシュでダイナミックって感じ。

この曲は、2カ月前にリリースされた「Now That I’ve Found You」の
かっこよさに少し似てるなぁとは思いました。

Martin Garrix は、Avicii (アヴィーチー), Kygo (カイゴ) と共に期待しても
僕の期待以上の曲をリリースしてくるアーティストの1人です。

和訳の下に、マーティンの新曲候補3曲載せています。

 

Martin Garrix + Third Party − Lions In The Wild 和訳

ila 和訳

救いの手を差し伸べる
新しい地平線に注意しながら
ほぼその場所が見える

その心で踏ん張りながら
暗闇の中, 氷に覆われてる
でも, 俺は恐れない

俺たちは自由になるけど
どこに向かってるかはわからない
君と俺, この2人の人生
そして, 責任は俺たちにある

野生のライオンのように

( 間奏 )

救いの手を差し伸べる
広がるスカイラインを見渡しながら
そこにほぼ触れることができる

失われたもの居場所が
暗闇の中, 自由を見つける
でも, 俺は恐れない

俺たちは自由になるけど
どこに向かってるかはわからない
君と俺, この2人の人生
そして, 責任は俺たちにある

野生のライオンのように

( 間奏 )

 

*下の3曲は、まだリリースされていない曲なので、著作権問題で削除される可能性は高いです*

No broken Herts  ft. Nicki Minaj」や G-Eazy と「Me, Myself & I」でも、
有名なニューヨーク出身のシンガー Bebe Rexha (べべ・レクサ) とのコラボ。
ダブステップっぽいドロップ部分がすごく良い。
個人的にこの曲は超好きなので、早くリリースして欲しい。

Martin Garrix & ID − Name of Love  ft. Babe Rexha

Avicii − Hold On Never Leave  ft. Martin Garrix

Waiting For Love」以来の Avicii (アヴィーチー) とのコラボ曲だと噂されていますが、
実際はどうなのかまだわからないです。でも、出だしの部分とかはすごく
アヴィーチーのサウンドに近いところがありますが、何とも言えないかな。
曲はかなり良いから、完成バージョンが楽しみ。

Martin Garrix − Rewind Repeat It  ft. Ed Sheeran

この曲は、2015年の Martin Garrix のライブセットでも披露された曲で、
昨年からずっとリリースを待っていますが、全然リリースの気配なし。
2016年のは、少しドロップが変わってバージョンアップしてますが、
最初のバージョンとどっちが好みかはファンの中で意見が割れそうな感じです。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です