Nick Carter − 19 in 99 和訳




バックストリートボーイズのメンバーでもある
ニック・カーターの新曲!

12508804_10153537272224215_6664609921971746557_n

 

ノリノリのポップソング!

 

昔大人気だったバックストリートボーイズのメンバーの1人である
Nick Carter (ニック・カーター) のソロシングル!

この曲名である “19 in 99” は、ニック・カーター自身が
1999年の時に19才だったことを意味しています。

1999年頃の楽しみ方で楽しもうぜみたいな歌。

アルバム “オールアメリカン” の収録曲です。
このアルバムには、AAA の西島隆弘とコラボした
変わらぬ想い” も収録されています。

 

Nick Carter − 19 in 99 和訳

ila 和訳

サンタモニカのビーチに向かっている
いい波がきたぜ, でも, 渋滞で最悪

俺の彼女がサヨナラっていったんだ
恥ずかしすぎて怒れない

車の窓を全開に開けて
トューパックの音量を上げる
俺はトューパックが似合うんだ

久しぶりのリーボックの靴で
ペダルを踏んでいる

やっぱり, リーボックだろ

あの頃に戻りたくなる
2人とも気にせずに
朝まで遊んだときを覚えてるだろ
俺が, 19才だった1999年

俺たちみんな3,2,3になりたかった
お金なんか気にしなくていい
王様のように生きるんだ
あのハリウッドサインのもとで
俺が, 19才だった1999年

2000年に戻って
カウントダウン
金髪を漂白して, パーティーだ

タンクトップ, かかとのない靴下, フィラ
スケートボード, セガで

昨晩会った女の子はラナって名前だったよ
(彼女の名前はラナだった)
彼女の背中にはタトューがあって
ニルヴァーナを聴いたよ

あの頃に戻りたくなる
2人とも気にせずに
朝まで遊んだときを覚えてるだろ
俺が, 19才だった1999年

俺たちみんな3,2,3になりたかった
お金なんか気にしなくていい
王様のように生きるんだ
あのハリウッドサインのもとで
俺が, 19才だった1999年

1999年の頃みたいに
オールしよう

あの頃に戻りたくなる
2人とも気にせずに
朝まで遊んだときを覚えてるだろ
俺が, 19才だった1999年

俺たちみんな3,2,3になりたかった
お金なんか気にしなくていい
王様のように生きるんだ
あのハリウッドサインのもとで
俺が, 19才だった1999年

1999年の頃みたいに
オールしよう

 

和訳の補足

the 2Pac ・・・トューパックというヒップホップ・ラッパー系の音楽プロデューサー
歴史上最も偉大なアーティスト86位に選ばれるほどの人。

Reebok・・・靴のメーカー

ニルヴァーナ・・・バンド名

millennium・・・2000年のこと







2 件のコメント

  • ニルヴァーナって聞いた、ではなく、ニルヴァーナを聴いた、ですね!
    ニルヴァーナというバンドがあるんですね。懐かしい。
    あと、3.2.3ではなく、
    wanted to be free, too free
    自由すぎるほどに、自由になりたかった、
    と言っているんですね!
    あと、まだまだあるんですが、
    millennium というのは、2000年のことです。
    多分これを翻訳したあなたは若いから分からないと思いますが、西暦2000年という区切りの年っていうのは大きなイベントが盛りだくさんで、2000年問題といって世界中のパソコンがシャットダウンしてしまうだのと色んな意味で世界中が盛り上がった年だったんですよ٩(ˊᗜˋ*)
    黄金時代、というよりもその時に戻って、と言ってると解釈した方がいいですね!

    rolling down the window は、窓閉めるんじゃなく、全開に開けるんです!
    車を想像してみたらわかりますね。

    2pacとは、髪を2つに分けることです。
    真ん中分けですね!
    ちょうどこの彼がデビューした頃そんな髪型にしてたみたいです。

    なので、この部分の翻訳は、

    窓全開にして髪をかき上げるんだ、
    流行りの髪型をクシャクシャにして
    (rockって言ってるんで、結構くしゃっとしたんでしょうね!笑)

    みたいなことでしょうかね!
    2pacも有名ですが、形容するにrockは使わないんじゃないかな!?

    英語の聞き取りもそうですが
    翻訳って難しいですね。
    これからも頑張ってくださいね!

    • こんにちわ。すごく丁寧にご指摘下さってありがとうございます。
      間違っていた和訳は、すぐに訂正します。

      ニルヴァーナというバンドや millennium にそういう意味も含まれていること、
      2Pacは、髪を2つに分けることだとは知りませんでした。
      rolling down the window の部分は、開けるの部分を間違えて閉めると書いていました。
      しっかりと確認します。

      翻訳って難しいです。誤訳をしないように頑張ります。

      2箇所だけ、どっちなのかわからない部分があるので、komakics さんの考えを聞きたいです。

      1つ目は、「wanted to be free, too free」 or 「wanted to be three two three」
      3、2、3になりたいって、意味わからないなぁと思って和訳に困っていたのですが、
      ミュージックビデオを見ていると、ニックがこの箇所を指で3、2、3と言っていて、
      僕のリスニングでも3、2、3に聞こえます。
      でも、和訳的に考えると、意味が通らないので、be free,too freeな気もします。
      (ミュージックビデオの2:32〜の部分)

      2つ目は、2Pac の部分です。
      僕が、2pac を歌手として訳したのは、ミュージックビデオの1:04のところで、
      ニックが、箱の中から取り出したのが、カセットで、そこに「TUPAC」と書かれてあったからです。
      僕は、この曲に関しては髪型ではなく歌手のことだと考えています。

      この2点に関して、komakics さんの考えを教えて下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です