Avicii − Somewhere In Stockholm 和訳




tumblr_ntrcu7K3IZ1uslmbwo1_1280

EDM とは、思えない1曲

Avicii (アヴィーチー) のセカンドアルバム「Stories」の収録曲。

アヴィーチーは、スウェーデンのストックホルム生まれで、この曲は、アヴィーチーの故郷について歌った曲です。故郷であるストックホルムのどこかで自分のバックボーンを失ったみたいです。

ボーカルは、スウェーデンの歌手である Daniel Adams-Ray (ダニエル・アダムス・レイ) です。因みに、自身のブランドも持つファッションデザイナーでもあります。

アヴィーチーの曲を作る才能やばし。

Avicii − Somewhere In Stockholm 和訳

ila 和訳

その角にいるのは俺なんだ
ウォークマンでWUを聞きながら

ネオンの光が水面を照らして
俺が迷った街を映し出す

その角にいるのは俺なんだ
いつか俺は去るだろう

抱いたことがなかった夢のために
いつか信じるであろう夢のため

奇妙なのは
俺が逃げ出した場所と

想像してる場所が
同じだということだ

チャンスがいつ来ても
それは俺がどこへ行こうとも
避けられない理由だ

たくさんの人の呼び声がこだまするんだ
寝ようとして横になったときに

俺の奥深くにブラックホールがあって
俺に気付かせるんだ

俺は故郷でバックボーンを失ったことを
ストックホルムのどこかで

俺はバックボーンを失ったんだ
ストックホルムのどこかで

俺が生まれた地域では
みんな決して感情を素直に出さない

悲しみを底抜けの瓶に覆い隠して
海に漂わすのさ

俺が生まれた地域では
仲間外れにするような人は決していない

一般的に話す人もいるけど

概して俺はまだ
対等に扱われてると思ってる

父親も母親も姉妹も兄弟も
友達も一家もそこにいる

俺の希望や富、無邪気さも
ある意味ここで全部失いそうになった

俺が見つかった場所はまさしく
絶対に見つかる場所

この通りは俺のバックボーン
故郷に戻るまでずっとだ

たくさんの人の呼び声がこだまするんだ
寝ようとして横になったときに

俺の奥深くにブラックホールがあって
俺に気付かせるんだ

俺は故郷でバックボーンを失ったことを
ストックホルムのどこかで

俺はバックボーンを失ったんだ
ストックホルムのどこかで

俺は1人じゃない
俺は燃え上がる火のよう

街の中ではなくて離れた郊外にある
渇いて死にかけている川

俺は教会の中で横たわる牧師だ

模様の中にある割れ目
奇跡が起きるのを待っている

決して守れなかった約束

これらの瞬間はどれも
決して忘れられないはずだ

その感覚が俺の中にあるんだ
それはみんな知っている

でも、うまく表現できないんだ
俺にはその血が流れてるんだ

だが、まだ心を奪われている
ストックホルムのどこかで

でも、俺は1人じゃないんだ
自力でやっていく必要はない

ついに故郷に戻ったよ
家にいるんだ
ストックホルムに

たくさんの人の呼び声がこだまするんだ
寝ようとして横になったときに

俺の奥深くにブラックホールがあって
俺に気付かせるんだ

俺は故郷でバックボーンを失ったことを
ストックホルムのどこかで

俺はバックボーンを失ったんだ
ストックホルムのどこかで

 

「WU」は、歌手のウータン・クランのことかな?「Hemma」は、スウェーデン語で「家にいる」という意味。

このライブのスクリーンで流してる動画をミュージックビデオとして、リリースして欲しかった。

Avicii − Somewhere In Stockholm

Daniel Adams-Ray − Thinking Of Sunshine

Daniel Adams-Ray (ダニエル・アダムス・レイ) の曲の中で、良かった曲をピックアップしてみました。この曲も、Avicii (アヴィーチー) のサポートを少し受けてそうな感じだけど



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です